Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

◆鑑定◆不倫発覚の日を観てみたら、すごい日だったことがわかった

もくじはこちら

 

◆重要◆カルマとか宿命とか運気とかスピとか言う前に、まずは現実世界です。 - Harmonize

 

 

元旦那の、不倫発覚の日は私にとってはどういう日だったのだろう?と興味がわいて、観てみました。

不倫発覚の年、月、日を出してみたところ。

 

…いやー、驚いた。

予想はしていたけどまさかこれ程とは。

 

①生年月日からわかる私のもともとの弱いところが、これでもかと何倍も痛めつけられていた。

②月と日の両方が、運勢的に突然の変転や暗転が起こる可能性が高い時だった。

月も日もここまでのものが揃うというのは、もう起こるべくして起きたと考えるしか無いか…と、納得せざるを得ない。

③①に絡んで、愛情運がボロボロに。しかもそれには「女性」が強く暗示されている。

更には人間関係、もっと言うと「恋愛」が絡む事も出ている。

④同じく①に絡んで、家族運と結婚運も相当にやられていた。③もキツイけどこっちの方が、よりキツイものだった。

更に、ここには同時に「断絶」の象意。

不倫発覚から結果的に夫婦だけの問題ではなくなり、息子達を巻き込んで離婚→家庭崩壊となったのも、④を見るとそうだろうなという感じ。ここまで家族運と愛情運がズタズタになっては…。

 

 

f:id:harmonize:20190323221559j:image

 

 

そんな中、救いも出ていました。

 

ここまでズタズタでありながら、生来持っている吉数2つが奇跡的に剋されていなかったこと。

ただそれが、2つとも「戸主としての運が守られる」ところに働いているので、自分が戸主の立場になると読めるのです。

つまり、やっぱりここにも離婚の暗示は出ているんだなあと。夫がいたら、大黒柱になる必要は無いですからね。

実を言うと、私は生年月日から見てもこの傾向にあるんです。でも男性ならともかく、女性にとってはこれはどうなんですかね。捉え方で色々な考えがありそうです。

ただ、昔ならともかく自立した女性が多くなった今の時代、それも普通にありなのかも知れません。

昔から常々自分に感じていた、「私は間違って女に生まれた」的な感覚は、こういうのを見ると、あながち見当外れではないのだなと感じます。

 

ちなみに私は、自分を「基本的には」家族運は良いと観ています。

ただ、同時にそれは「大きな変化を起こしてくる可能性」を孕むものでもあるので、ここまでこの年、月、日の家族運の傷つき方を見ると、まさにこの時の暗転はあり得る事だったのだろうなと。

なお、大きな変化というのは良くも悪くもです。悪いばかりではありません。そういった意味では、むしろ急変と言えばいいのかな。

 

そしてこの不倫発覚の時は、そんな状態であるのにも関わらず、先へ先へとグイグイ進んでいくのに必要な頭脳が働く運気であったことがわかります。

事実、不倫発覚(昼頃)とほぼ同時に、混乱しながらも一方では「今何を優先してするべきか」という事には妙に冷静でした。

私は証拠集めにすぐさま着手して、夜には有力な証拠を手にし、私と元旦那の両方の親を集めた上、仕事から帰った元旦那にその証拠を突きつけています。彼にとっては青天の霹靂だった事でしょう。

 

ただし、その冷静さと行動力はこの月までで、翌月には心を病む運気になっています。

 

参考までに、離婚の日にはまんべんなく、見事なまでに全ての数字が剋されていました。

発覚の日との違いは、あそこまで極端な傷つき方をしていなかったこと。ただ、この時は、吉数も全てが傷ついていました。

ダメージの大きさは比較にならないほど発覚時の方が巨大でした。あの極端な傷つき方ではね。

 

離婚時は特に「基盤が崩れる」の暗示が強かったのと、結婚生活に関わる全ての面『愛情運、家族運、結婚運、男運』更には『自分そのもの』が剋された日だった、という事でした。

 

 

以上、私の人生の中でも特に大きな出来事や、そのきっかけとなった日などを観てみました。これを単なる偶然と見る事も出来るけど、実際にここまでの合致があるというのは、我ながら背筋が震える思いがします。

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村