Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

◆エネルギーデトックスワークのこと◆その2 「1番抜けるところ」

もくじはこちら

◆重要◆カルマとか宿命とか運気とかスピとか言う前に、まずは現実世界です。 - Harmonize

 

エネルギーデトックスワークのこと、色々。

その2。

 

単純にどこからが1番「量」が抜けるか?

 

はーい。

私はダントツで口からだと思います。

子宮からも相当な量が抜けますが、子宮からのものって結構独特な感じがするので、口からの方がシンプルに抜きやすいかなと思います。

 

エネルギーデトックスワークは、人間の「穴」を使って抜くものなので、単純に考えて出口が大きいほうが一度にたくさん抜けるのは、自然な理ですわね。

だから例えば、毛穴からも抜けるけどすっごい効率悪いのです。穴が小さいから。

 

 

f:id:harmonize:20190319191529j:image

 

セルが18号を吐き出した時

 

ドラゴンボールを読んだ事がある人。

セルが一度は吸収した18号を維持できなくなって、口から吐き出す場面があったことを覚えてますかねー?

 

さすがに18号ではないけど(笑)、イメージとしてはあんな風に抜けることもあります。

どーやって口から出すんだ、そんなデカイもの! と思われるかもしれませんねー。

勿論、デカイのをそのまま奥から引っ張ってくるわけではありません。エネルギー回路って、細いですからね。それ相応の調整をしながら、ではあります。

 

とにかく、口からは結構まとめて抜けるよ、オススメよ、という事なんです。

 

口から抜けない例があるとすれば、

『口から汚いものを出しちゃいけない!』

『人前で口を開けるなんて行儀が悪い』

または、

『口から何か入れること』そのものに抵抗があったり、嘔吐など「出てくること」に過度な恐怖があったり、

例えば涎とか鼻水のような体液系を、やたらと『汚い!』『危ない!』みたいな強い嫌悪感があったりすると、むしろ口からの方が他のところより抜けなかったりするかもですね。

「いや、抜くのはエネルギーだから! そのものじゃないから」

といっても、そういうのを過度に嫌悪するって、深層や潜在意識が絡む事があるので、単純にいかないことはあるかも知れません。

 

その場合は無理に口からやらずに、抜けるところから抜けばいいのです。潜在意識が絡むと、「ほぐす」のに時間がかかるでしょうからね。

 

 

口が開けられない時は

 

話が逸れましたが、…とにかく、自分でやるときは目一杯口を開けてやります。当然誰もいないところで(笑)

顎関節症などで、大きく口を開けられない人もいますよね。症状が強いときは、指(の厚み)一本分開口するのがやっと、という事もあります。(←経験者)

そういう事情のある時も、無理に口から抜かなくても他のところから抜けばいいのですよー。エネルギー回路は繋がっていますから。

口のように1度に沢山、とはいかないですが、その分回数をこなせばいいだけです。

 

私は前述したように、狭くしか開かなくても(口から抜かなきゃダメなもの であるなら)

調整かけて抜きますが、他から抜いた方がかえって効率良さそうだったら、口から抜くことには執着しません。

 

それと、抜く時には意図が大事なので、例えばこの場合なら、「口があかない痛みの原因となっているエネルギーを抜く」などと意図して抜いて下さいねー。

 

 

実はチャクラからも多く抜ける

 

…けどチャクラは協会が定めている基本の場所ではないので、非推奨。チャクラは人によって場所が若干ズレているからです。

私は自分の心臓から「抜いて」との希望があったのでチャクラからも抜いてますが、そしてかなり抜けますが、それは自分が相手だからなのと、「抜いて」と言われたからです。

初級講座で、自分の体とチャネリング - Harmonize

やってみたらえらい抜けるので驚いたというのはありますが、セッションではやっていません。自分のセルフワークにおいて、です。

 

あとは適材適所というか、その場所によって抜けやすいのはやっぱりありますね。

でも「こういうエネルギーはここからでないと!」というのは、原則無いです。

「ここから抜くのがいいな」ってのはありますが。

 

そういえば、まだ上級でなかった頃のセッションは子宮から抜く事ができなかったので、でも子宮に溜まってるエネルギーを抜きたい時もあって、それなりに工夫してたなあ。

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村