Harmonize

エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピストのブログです。不調の原因は、体に溜まり続けた不要なエネルギーから来ているとしたら? 不要なエネルギーは、抜くことができます。エネルギーデトックスワークは、それができる『技術』です。

地球(テラ)へ…

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

ピッコマで、【地球(テラ)へ…】を発見。

驚き!

これ、中学生くらいの時のマンガです。

ハマったんですよねーー。

まさかこの歳になって読めるとは!!

懐かしい〜。

 

f:id:harmonize:20220925125026j:image

 

驚くのがこの内容なのですが…

遺伝子操作され、女性の胎内でなく人工的に生まれる人間。

人間はグランドマザーという機械と、ほんの一握りの『エリート』に完璧に管理される社会。

両親ではなく、保父母が14歳まで子供を育て、14歳になると成人検査というのを受ける。

その成人検査で枠からはみ出てしまう不適格者は抹殺。パスした子供たちはみな、それまでの記憶を抹消され、「良い市民」としての記憶を植え付けられる。

 

成人検査ではみ出た子どもたちの中から、ESPが生まれ、『ミュウ』と呼ばれるようになる。

迫害されたミュウたちは宇宙船で脱出、宇宙を彷徨ったのちに、打ち捨てられた辺境のある星に降り立つ。

 

ミュウの指導者、「ジョミー・マーキス・シン」と、テラの中枢となるべく造られたスーパーエリート「キース・アニアン」。

この二人を軸に、物語は進んでいきます。

 

中学生の頃読んだ時には夢物語でしか無い内容でした。「あり得ないでしょ、そんな管理社会なんて!」って。100%ファンタジーとしか思えなかった。

 

今読み返してみると、「ファンタジー」と笑えない内容なんですよ。あり得るんじゃないか? と思わせる内容なのです。

 

それだけ、私が中学生の頃と現在との乖離が激しいのでしょう。

 

チョット背筋が寒くなります。

 

作品はとても面白いのですよー。

竹宮惠子さんの絵は綺麗で好きですし、この方の作品ってどちらかというと重いんだけど、心に残るんですよねーー。

 

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

自分は正しいと信じるためだけに、何度も現実を体験する

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

 

先日の記事に書いたモーニングページ。

 

 

私には、潜在的に「完成していないもの(もの、思考、状態、など、とにかく形として現れていない全て)があってもそれを【あるもの】とは認めない」という強い価値観(価値観というのかどうかわからないけど)がある…ということが、数ヶ月前に初めてわかりました。

 

いわば、あるのに「無い」とされてきた色々なものが蓄積されているというのが、わかったのですよ。半世紀に渡ってですからそれは相当なものです。

 

そういう前提があることに気がついた時点で、それまでデトックスワークで抜けなかったエネルギーが抜けるようになったという出来事がありました。

 

それだけでも不要なエネルギーを抜く、という意味で全く雲泥の差になるのですが、それと共に「押し込めることそのものにも、かなりなエネルギーを使っている」ということもその時にわかったので、これもなるべく負担なく出していきたいな、と考えたわけです。

 

で、思い出したのが、以前やっていた「モーニングページ」。

これをまた始めました。

A4サイズのノートに3ページ。だいたい終わるのに20分くらいですかね。

これを続けていたら、なかなかなものが浮上してきまして…。

 

 

f:id:harmonize:20220916143202j:image

 

 

『(呆然)』

『マジか…』

『これ、ホントに私なのか…』

 

となりました。

これを認めるというのは多分、普通にしていたらできないことです。「認める」というより、「そういうのがあったということ自体に気がつくということ」です。

 

なぜなら、それまでの私(のやってきた事)が否定されるに等しいことだからです。

 

こうして書いている今でも『マジか…』と呆然としているのですが、『無い』と言うよりも、『あってはならない』というものなんですよ。

 

自分にとっては『あってはならない』ことだから、『ある』などとは到底気がつかない事を自分にどんどん起こしてきていたのです。

 

あってはならないんですよ。

 

あることを認めたら、気がついてしまったら、自分のこれまでの時間か無駄だったということも認めなきゃいけないから。

(ちなみに本当は、無駄なんかじゃないんですよ)

 

そんなこと(長い時間を無駄にしたこと)は、あってはならない、だから、『私は何も間違ってはいないんだ』という事を信じるに足る『現実的なあれこれ』を体験し続ける。

体験することで、

『ほら、間違ってない。やっぱりこれで良かったんだ』

と思い込みを強化する。

思い込みを強化させるために、更に現実を体験する。また思い込みが強化される。多分、生きている限りエンドレス。

 

その体験が、自分にとっての苦痛であったとしても。です。

 

ここなんですよ、問題は。

自分にとって快な体験なら問題ないんです。とりあえず。

 

自分にとってひどく苦痛な体験なのに、もうゴメンだと思うのに、『これでいいんだを信じ続けるために』『体験し続ける』のです。

 

そりゃもう、しんどいですわな。

本来使われるべき方ではないところへ無茶苦茶に(有限の)エネルギーを使い続けるから、他の大事なところにエネルギーを割り当てようにもそのエネルギーがもう無い。

消耗も凄まじい。

 

 

でも今回、おそらく、ここで『【ある】ことを認めた』ので、ループから何か外れてくるだろうと思っています。

(実はもう、早くもその兆しが出てるのですわ)(こういうことって速いんですね)

 

マイコさんのセッションで、『何か(沈んでいることが)あるんですよね』(←エネルギー感知の視点から見てです)と何度か言われてきたのですが、

(浮き上がらせる必要を指摘されて、ツラツラと書いてはいたんだけど、これじゃ埒が開かんわと思ってモーニングページを始めた)

これだったか…と。

そりゃそうそう簡単には出てこないわ…。

 

あること自体を認めていないのだから、どんなに考えても出てこないんです。顕在意識に上がってこないように、徹底的に抑え続けてきたんですから。抑えるためだけに、何年も何年も膨大なエネルギーを使ってね。

 

 

そして、今回こういうことが起きてきたのも、

エネルギーデトックスワークで、何年も日常的に不要なエネルギーを抜き続けてきたという下地がある

ことが相当大きいと思っています。

 

曇ったメガネよりもクリアなメガネの方が、前がよく見えるからです。

↓こちら

 

なかなか一度では書ききれないので、また書く時があれば書こうと思います。

私自身がまだ受容しきれていないのもあるので(笑)

 

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

大人の休日倶楽部

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

 

大人の休日倶楽部、通称おときゅうを使って岩手県八幡平市に行ってきました。

7月から仕事で神経を使うことが多かったので、どーーーしても息抜きがしたくて。

 

あとは、開運橋からの岩手山を撮りたかったので。

 

f:id:harmonize:20220911194729j:image

 

念願叶って、撮ってきました。

この辺りから見た岩手山が大好きで、何年も、撮りたいとずっと思ってきたのです。雲がかかってしまったのが少し残念でしたが。

でもでもでも、あちらは何日かずーっと雨や曇りの予報が続いていたので、行っても岩手山は見えないんだろうな、撮れないだろうな、と直前まで諦めていたのですよ。

それが、行く前日くらいになって突如晴れマークが出てきたのです。当日はよく晴れて、岩手山が綺麗に見えて本当にラッキーでした。せっかく行くけど雨なのかー…と思っていたので。

 

夏(初秋)の岩手山。

こうして見ると、冬〜春の岩手山の綺麗さにはやっぱり敵わないなあ。あ、単にわたしの好みなんですが…雪の岩手山が好きなのです。

 

この時に北上川の遊歩道をぶらぶらと散歩しましたが、もーーーメチャメチャ癒されたーーー。

川の流れる音。なんでこんなに心安らぐんだろうと思いながら、何度も何度も立ち止まって川を眺めてしまいました。

 

f:id:harmonize:20220911200002j:image

 

本当に晴れて良かったです。むしろ暑いくらいで。

 

f:id:harmonize:20220911200716j:image

 

↑市内周遊バスの「でんでんむし」に乗って、こちら「盛岡城跡公園」にも行ってきました。

 

↓そして、ホテルの部屋からの岩手山。

 

f:id:harmonize:20220911201746j:image

 

ホテルは宿泊客の年齢層が高めのホテルのようで…落ち着いた雰囲気でした。私のようにおひとり様の人も何人か。

ホテルに着くなり温泉の硫黄の匂いがして、それがとても懐かしい匂いで、本当にリラックスしてきました。

 

この日は13000歩超え。なかなかこんなに歩くことはないので、翌日ふくらはぎが筋肉痛でしたわ。

 

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

紅茶香るかもめの玉子

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

 

『北野エース60周年記念商品
さいとう製菓株式会社と共同開発したミニサイズの北野エース限定セットです』

 

…という商品が発売された! 

との情報を頂き、某ecuteに行ったついでにお店を見てみたら、ありました! ので、買ってきましたー。

限定商品で賞味期限が9月21日までなので、見かけた時に買っておかないとだし、その辺のスーパーでは売っていないし、1番近いお店までは電車で30分もかかるし…。

たまたまその駅に用事があったので、丁度良かったー。

 

商品名は『かもめの玉子セット』です。

 

 

f:id:harmonize:20220908140949j:image

3個は普通のかもめの玉子。これはもう、食べ慣れてる。

紅茶味は3個。

 

【紅茶香るかもめの玉子】

りんご餡をアールグレイ茶葉入りのカステラ生地で包み、紅茶風味のチョコでコーティング。

だそうです。

 

f:id:harmonize:20220908141005j:image

 

f:id:harmonize:20220908150322j:image

 

りんご餡も紅茶もほのかに、でもちゃんと香る感じで、強くはないです。もう少し紅茶が濃かったら良かったかも。

 

紅茶味ってこういう機会でもないとなかなか発売されないんじゃないかな?

貴重なかもめの玉子を食べられてよかったです♫

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

体を色々な面で動かすエネルギーの話

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

わたしはエネルギーデトックスワークを何年か継続していて、そのメリットも非常に感じている人です。

特に、『色々実践してきても思うような改善が見られない』という場合には、エネルギー的対処が最後のピースである場合もあるので、お勧めしています。

 

 

が。

何でもかんでもエネルギー的対処でいいのか、というと、決してそのようなことはありません。

人には『肉体』があるので、純粋な肉体的なことも無視出来ません。

 

何度か書いていますが、例えば、体にとってのエネルギー源は『食べたもの』です。

これも、わたしはエネルギーと呼んでしまってますが、エネルギーデトックスワークで抜く『不要なエネルギー』とはハッキリと区別して書いています。

 

入れるエネルギー源がきれいでなかったり、量が全然足りていなかったり、質が悪かったりすれば、体は余計な仕事もしなければいけなくなって、スムーズに十分に動きません。

 

また、身の回りにはさまざまな「体にはよろしくないもの」も溢れています。特に近年は悲しくなるほどに。

 

体にとって、処理の緊急性がないものであれば、エネルギー的な余力がある時に処理をするべく、とりあえずは溜めておく、みたいな形になります。

処理されたわけではなく、溜まっているだけなので、やがてそれがその人にとっての限度を越えれば、不調となって現れてきます。

でもその不調は、体が「溜りに溜まったものをどうにか処理しようとしている」ということになるんですね。

 

ここで、入ってくるエネルギー源が充分にあれば、すんなりと、あるいはどうにか処理ができますが、そもそも処理できないから溜めていたという下地がありますから、多くの場合、エネルギー不足でそう簡単には処理が出来ません。

結果、いつまで経ってもスッキリしなかったり、慢性的に症状が続くともなるわけです。

(ものすごくザックリと言ってます)

 

わたしも慢性的な炎症を20年以上も起こし続けてきました。

 

 

f:id:harmonize:20220908114446j:image

 

 

一方、体にとってメッチャ有害なもので、即処理をしないといけないレベルのものが入ってきた場合は、体は他のことをストップさせてそれの処理にあたります。

エネルギーを、生命を維持するのに最も大事な臓器や働きに最優先に回し、それ以外のところへ回す分のエネルギーを、総動員して有害なものの処理にあたるわけです。

 

熱がある時って食欲ないですよね。

消化よりも処理を優先させているからです。

(そんな時でもエネルギーの補給が出来れば処理の後押しになるので、消化に出来るだけエネルギーを使わずに済むものを摂取するのが望ましい)(ちなみにこの場合、前者と後者のエネルギーは、働きが違うものです。分かりにくくてすみませんが)

 

ここでも、もともと体が持っているエネルギーが充分にあるかどうかによって、どの程度の処理が出来るのか、臓器(組織)へのダメージがどの程度及ぶかどうかなどが変わってきます。

 

この辺りはなかなかさらっと書くことは難しいのですが、体の目的はただただ、『命を生かす』ことです。

 

理想は、普段から「体が望むエネルギー」を充分に入れておくことですね。大したエネルギーを使わずに、処理が出来るように。

 

体が望むエネルギーというのは、三大栄養素です。

体の声がわかる人は、もっと具体的に選んでも良いのかもしれませんが。

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

次は北海道へ

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

東北新幹線が出来てから、北へ行くのがとても手軽になりました。

何故か私は中学生の頃から東北に縁があって何度も行ってますが、その先、北海道へは行ったことがありません。

憧れは強いんですがねー。

 

あまりにも広すぎて、どこを目的にすればいいのかわからないし。ツアー参加も考えたりはするんですが。

ひとり旅が好きなので、ツアーはいいような悪いような…でも北海道初心者にとっては、ツアーがお手軽なんだろうなー。

 

 

f:id:harmonize:20220904085159j:image

 

あ、でも寒すぎるのも苦手なので(持病で色々と不都合が出る)冬は行けませんが…。

 

ラベンダー畑みたいな、広大な花畑も見てみたいし、海も見てみたいし、美味しいものも食べてみたいし、牧場にも行ってみたいし…そういう中から、今回はこれという目的を絞って行き先を決めればいいのだろうね。

 

やっぱり現地ではレンタカーになるんだろうなー。それとも公共交通機関で巡れるものなのだろうか…。何せ広いからねえ…。

 

来年の夏くらいまでには、行きたいものだなあ。

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

いくつになっても、ずっと

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

 

以前読んだ

「ずっとやりたかったことをやりなさい」

の続編、主にリタイヤした人に向けて書かれた

「いくつになっても 

ずっとやりたかったことをやりなさい」

というのを見つけて買いました。

 

 

f:id:harmonize:20220901233516j:image

 

 

こちらも「モーニングノート」がメインとなっています。

 

私は

「完成したもの、形になったものでないと、存在自体を認めない」

みたいな価値観が(無意識に)自分の中にあることが割と最近わかったので、この「モーニングノート」でとにかく書き出す、というのは、「あるのに無いとしていること」を浮かせてくるのにとても役に立つかなと思っています。

 

久しぶりにモーニングノートをやりましたが、A4サイズ3ページ分の書き出しというのは時間がかかります…💦 20分強くらい。

休みの日ならいいけど、仕事がある日は30分くらい早く起きないと書けないなー。

 

でも久しぶりに、とにかく(半ば無理矢理)書き出したら、後から後からどんどん浮かんできてびっくり。

自分の潜在的な傾向として

「完成したものでないとあるものとして認めていない」

というのを知ってからは、なるべくどうでもいいことでも書いて「出す」ようにはしていたんですがね。

 

このモーニングノートは、「詰まりを流す」という効果もあるのでやるとやらないのとでは全然違ってきます。(前作の時に経験済み)

 

そのほかにも冒険的(遠足的)なものをやったり、週に2回短時間歩く時間をとるというのも、作者のかたは勧めています。

 

この「歩くこと」は、前作の時は時間がなくて、とてもとてもそんな余裕がなかったのですが(毎日疲れ果てて帰ってきていたし)、現在定時上がりができるし、何より疲れ果てていないので、これも出来そうです。

そうすると、前作を読んでからはまだ多分3年くらいなんだけど、自分の環境もかなり変わったんだなあと思いますね。確かにこの3年で、それ以前とはまるで別の人みたいに職場も住むところもそのほかの環境も、激変したからねえ。

 

この本、「リタイヤした人向け」となっていますが、リタイヤ前の人にもおすすめですわー。

 

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

体は食べたもの(入れたもの)で出来ているから

もくじはこちら

◆プロフィール◆ - Harmonize 

~~エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピスト・1dayセミナー講師 NAMIです~~

 

先日の記事に対して、同じく難病をお持ちだという方から質問がありましたので、こちらでもチラッと書いてみます。

 

 

具体的には何をしたのか、という事に関しまして。

 

その前段階として。

 

職業的経験や自分が難病を患っての経験から、世の中や医療についての常識や通説等を、

『なんかおかしい…』

と感じることが出てきました。(近年特に)

本当に常識や通説がその通りであるのなら、なぜ人は健康から遠ざかるのか?

がんの低年齢化が進み、世界一がん患者が多いと言われる国になり、難病患者も増えているのか?

 

(余談ですが、コロナ禍になってからは、それまで当然とされてきたはずの医療的常識が、無いものに等しい扱いとなっているのを目の当たりにし、『常識』とは一体何なのか、そんなものは『実はどうにでもする事が出来ること』なのではないか、と疑問を持つようにもなりました)

 

疑問も持たず信じきってきた、そしてせっせとその通りに実践してきたことが、

【そもそもそれが、はじめから間違っていた】

【間違っていたどころか、はじめから正反対のことであった】

としたら…?

 

…という思考を持つに至ったというのが、まずは出発点になっています。

これはこれで、すごいショックな事ですけどねー。

 

 

f:id:harmonize:20220903122231j:image

 

これも度々書いていますが、三大栄養素、というものを小学生の頃だったか? に学びました。

糖質・タンパク質・脂質

ですね。

 

脳が利用するのはブドウ糖だけであるとか、糖が足りなくなると体はエネルギーを確保するために、組織のタンパク質や脂質を崩して糖質の代わりに利用するとかいうのは、ご存知の方も多いかと思います。

 

 

15〜20年前からですかね? 糖質制限というのが世間で一般的になりました。糖質は悪いものであるという。

(糖質って何、という話にもなるのですが、ここでは省きます)

私もこれに乗って、ストイックに糖質を避けてきました。

 

そのほかにも、これは良い、これは悪い、という情報にはかなり影響されて実践してきました。難病を良くしたい一心で。

誰に言われたのでも無く、自分がした選択ですから、もうそれはそれでいいのですが。

 

自分で言うのも何ですが、私は一点集中型の性格なので、始めるとかなりやり込みます。ホントにやり込みます。

難病を発症してからはそれに拍車がかかりました。なのに増えていく、難病の数。

 

前述したように

『こんなに世の中に【これが良い】【これは悪い】という情報があるにも関わらず、また、真面目に治療に取り組んでいるにも関わらず、厄介な病気は増え、それは低年齢化し、思うように元気になれない人が増えている』

ということを実感として持つことが多くなり、何かがおかしいのでは? と感じるようになり。

食べるものの栄養素的な劣化や、混入してくるものの有毒性も蓄積すれば無視できない。そんな中でもある人は元気で、ある人は病になる。その差は何?

 

去年秋、自分の身に起こった事をきっかけにその疑問が膨れ上がって、一旦全部、自分の中にあったそれまでの価値観や先入観、常識を、全てまっさらにする事にしました。

そして、ある程度時間をかけて、感じた疑問を自分の体で確かめることにしました。

 

まずは長年に渡り厳格にやってきた、さる制限食の見直しから。

その制限に関して調べに調べる過程で、世に出ている文献に『偏りがある』ことに気がつきました。右へ倣えというか。

これで、何だか不自然だなぁという印象を持ちまして。

 

そんなこんなで、長年やってきた制限食を一旦さっぱりとやめたのです。

 

持病があるので定期的な血液検査はしていますから、制限食を止めることが体にとって良くないなら(=制限食が体に良いのなら)、それなりにデータとして出るはず…と。

 

1、2ヶ月程度では出てこないだろうから、やっぱり最低でも半年かなぁと。ただ、良いものならば、体調ではもっと早く感じることができるだろうとも思いました。

 

はじめは不安でしたね。

これまで『悪いものなんだ!』と信じたからこそ、長年にわたって制限食を実践してきたのですから。

 

が、その不安は杞憂となりました。

制限食をやめてからの血液データが非常に良くなったからです。(それまでは上限ギリギリがいくつかあったのですが、それがひとつも無くなった)更に、体感での調子が非常に良くなったからです。

 

ただ、『食べるもの』に関しては選びました。

 

『【甘いもの=糖分】ではない』こととか。糖分を摂るならミネラルを含んだものを、とか。体は、糖分が足りなければ、タンパク質や脂質を崩してエネルギーを作ろうとしますから、同様に、タンパク質や脂質に関しても選びましたね。

崩されないようにするのが1番良いのでしょうが、仕事中など糖の補給が出来ない事もあるし、だったら崩されてもストレスにならない物を…という理由です。もっとも、これだって、現在蓄えられている組織が入れ替わるまでには相当な時間がかかるのですがね。

 

…とまあ、こんな感じでした。

 

なかなかこういうところでは赤裸々に書けないので、オブラートを何枚も重ねているのはすみません。

 

疑問を感じたら、立ち止まってみる、調べてみる、試してみるって、大事だと思います。こういうことに限らず。

 

 

 

 

 

 

////////////////////

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ