Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

納得ができない事だってある、許せない事だってある

お題「最近気になったニュース」

 

 

偶然見つけてしまったこのニュース。

ほんのさわりを読んだだけで、読み進めることは出来なかった。それでも、瞬時にあの頃に引き戻された。

 

「遼太と、わたしだけが止まっている」川崎中1殺害から4年、母親が初めて語った葛藤(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

◆以下はあくまでも私個人の意見です。これを他の人に強制する意図は全くありません。少年犯罪について思うことを書いていますが、他者と議論する気も毛頭ありませんのでご了承下さい◆

 

 

私は、このニュースが報じられたあの当時、心の底から被害者の子が哀れでならず、犯人が許せなかった。

 

こんなことをして何故生きていられるのか。

人として何故こんな事ができるのか。

どう育てたらこんな事が出来る人間になるのか。

 

過去の女子高生コンクリート詰め殺人事件もそう。サカキバラ事件もそう。

 

未成年だからと、子供だからと、許されて良いことなのか。

人として欠くことの出来ない何かが欠落しているとしか思えない人間に、更生という概念は当てはまるのか。その更生プログラムで、人として欠いてはならない「何か」は、果たして育つものなのか。いや、生まれるものなのか。

 

こういう事件が起こると必ず言われるのが加害者の人権。そして加害者が加害者になる背景には、生育環境において同情するものが少なからずはあるとか、少年には更生の可能性があるというもの。

 

確かにそうだ。

子供は未知数。それこそが、まだ未発達の部分が沢山残されている子供の可能性なのだから。事実、殺人ではないが、罪を犯して更生した人も知っている。

 

 

でも。

 

酷い環境に育っても人を殺さない子の方が圧倒的に多いのは何故?

むしろ人の痛みがわかる子すらいるのは何故?

 

生育環境に同情すべき点があるという人は、酷い環境に育つことは人を殺す免罪符になるとでも言うのだろうか?

自分の子や孫が未成年者に殺されても、同じことを言えるのだろうか?

 

 

どちらにしろ、それは被害者が死をもって負うべき責任でもなんでもない。加害者の生育上の問題は、被害者には何の責任もない筈だ。

 

 

一方的にいたぶられた末に命を奪われ、どれほどの恐怖だった事か、痛かった事か、そして、どれほどに、どれほどに、どれほどに家に帰りたかった事か!

 

たった13歳の子に、殺される正当な理由などあろうか?

落ち度などあろうか?責任などあろうか?

落ち度も責任もあるというなら、それは命で贖わなければならないようなものなのか?

 

否、と言うほかない。

 

 

 

それまでにも酷い事件は数多起こっていた。

そして子供の頃から、私は『シンクロ』してしまうことが多いことは自覚もしていた。

 

それでも何故かあの事件だけは特に辛くて、まるで自分の子が殺されたような錯覚にいつまでも囚われた事をよく覚えている。

辛くて辛くてどうにもならなくて、だからあのニュースだけは、意図的に見るのも聞くのも避けてきた。今もなお。

 

赤の他人のことを自分のことのように感じるそのリアルさに、自分はどこかおかしいのだろうかとも感じた。

それがずっと後になって、精神世界に目が向くきっかけの一つになった事は否めない。

 

 

こういうネガティブな感情を持つというのが自分にとってどういうことかは、充分にわかっている。それでも、許せない事がある。自分とは何の関わりもない人の事でも、どうにも忘れられない事がある。

 

そしてそれが人たる所以なのだとも思う。

 

 

人の生死は、人の理解をはるかに超えたところにあり、特に死については、人の感情では到底納得がいかない事も多々あることは、高次の事情がわかるに従い、頭では理解できるようにはなった。

でも私は人として生きている以上は、人としての感じ方をこれからもしていくだろう。

そのギャップにどう折り合いをつけていくのか、あるいはつけなくても良いのものなのか。

 

もっとも、あの事件ほど強烈なシンクロを起こすことは、恐らくもう無いだろう。

 

 

 

f:id:harmonize:20190425184748j:image

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

 

今日は「慎重、謙虚、早め早めの行動」が良い日だった…のに!

お題「今日の出来事」

 

今日は都会で(笑)個人的に勉強をしていることがある日。

家を出る前に何となく、数秘術(+α)で、今日がどういう数字の何の日なのかを確かめてみたら、全体的に「アクシデントが起こりやすい日」でした。(私個人はどうなのかまでは観る時間がなかった)

調べた目的がそういうことを知りたかったわけのではなかったので、「ふーん、そうなのねー」程度にしか捉えなかったのですが、これがもう、大間違い。

 

最寄駅に着いたら、予定よりも一本早い電車に乗れるタイミングでして。

この時にピンとくるべきでしたね。というか、「あれ?」「なんか気になるな」という違和感はあったのですよ。

「あら、どうしようかな、乗っちゃおうかな」と思いましたが私は「そうだPASMOのチャージをしとこう(まだ充分あるけど)」と思いまして、チャージをし。

チャージにも順番待ちがありましたから、チャージしていなかったらその電車には、余裕で乗れたのです。

 

 

f:id:harmonize:20190425093405j:image

 

ホームに降りると、案の定、トラブルがあって電車の到着時間が遅れているというアナウンスが。

止まってないだけまだましでしたが、10分以上の遅れ。当然乗り継ぎが上手くいかず、予定していた電車には乗れず。

どれだけの人に影響が出たんでしょうね。ホームには結構な人でした。電車に乗ってもラッシュ時と同等の混雑。

 

元々かなり時間に余裕を持って家を出ていますので、その程度の遅れなら間に合うのです。ただ、乗りたい電車に乗れなかったという事なんですね。

 

間に合うタイミングで何度も違和感を感じていたのですがねー。鈍くなってたなと思います。

 

でも、この経験で「そうか、こういう日はこういう事が起こりうるのか!」とわかりましたので、それはそれで良いのですが。

 

で、まとめますと、今日は物事が変わりやすい日で。なので、いつもよりも確認を念入りに、言動を慎重にしたほうが安心な日になります。特に車とか、乗り物関連でのトラブルにも注意と言えます。

ただ、日の運気的にはこの数字が凶数になっているというわけではないので、普段から慎重だったり丁寧だったり謙虚だったりする人には、それほど大きな影響はないかとは思います。

この数字を吉数として持っている人には特に、むしろ「物事が好転する」という人もいるのではないかと。

 

注意点は、元々その数字を凶数として持っている人には、より、先に言ったようにいつもより行動の慎重さ、丁寧さ、謙虚さが必要ですね。(これは個人的に観ないとわからないことなんですが)

 

私はこれから、早め早めの行動と、より慎重にしようと思います。

 

以上、ご参考になれば。

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

 

嫌なことに手をつける。見なかったことにして来たけど、やっとなんとかした話

もくじはこちら

 

◆重要◆カルマとか宿命とか運気とかスピとか言う前に、まずは現実世界です。 - Harmonize

 

 

前に書きましたが、

先延ばしにしてきたことって、やっぱりやらないといけなくなるのねー - Harmonize

かれこれ5、6年、それ以上になるかしらねー、ずーっとなんとかしなきゃと思いつつ、とにかくやりたくなくて、見て見ぬ振りをして来た事に今日やっと、やっっっと!! 手をつけました。

 

何をしたかというとねー。

ベランダにネットを張る事です。

 

鳥のフン害に悩まされた5、6年(もっとかも)

 

うちは、これでもかというくらいの田舎です。私はこの田舎具合がなかなか好きなのですが、時に問題もありましてね。

 

玄関ドアの取っ手にアオダイショウ(注・ヘビです)がいたりとか

いつのまにか家の中にカマキリが入っていたりとか

田んぼの季節が始まるとマジでカエルの合唱が凄まじいとか

イタチが出るとか(田んぼの中から飛び出して走っていったのを見た事がw)

 

そうそう、どこから入り込んだものか、お風呂場にアオダイショウの子供がいた事もありした。これには「どーーしてこんなところに!!」と相当ビビりました。

こっちもビビったけど向こうも相当ビビってパニクって、保護するのがまあ、大変なこと(笑)

田んぼが多いから餌も豊富で、ヘビもいるんでしょうね。抜け殻は割とよく見ます。

 

で、今回の話はヘビがらみではありません。

 

鳥がらみです。なぜかうちのベランダにだけ、やたらと鳥が来るのです。鳩ではないのと、巣ではなく休憩場所にしているようなので、自力で何とか出来るレベルなんですがね。

 

来ても何も無しにお帰り頂ければ良いんですけど、フンがねー。

これはやっぱり困るのです。あと、羽も。

 

 

鳥避けグッズの効果は?

 

鳥よけのグッズをいろいろ試してみたのですが、効き目があるのは初めの数日のみ。すぐ慣れてしまいます。グッズは一通り、ほとんど試しましたよ。

 

トゲトゲシート(長いのも短いのも硬いのも触ると痛いのも)を鳥の休憩所に置いてみたり

防鳥磁石を使ってみたり、

猛禽類やヘビの置物を使ってみたり

テグスを張り巡らせたり(これは実質ベランダ隅々まで張っていないと無理。でもそれやったらベランダが使えなくなってしまいます。布団も干せないし、張る支柱がないと難しい。

(◆追記◆粘着テープでも張れるそうです)

反射シートをぶら下げたり、ベタベタする忌避剤を塗ったり(洗濯物に付くと取れないので使えず。忌避剤そのものは割と良かったんだけどねぇ)

 

 

 

f:id:harmonize:20190424155707j:image

 

鳥との仁義なき戦い

 

大袈裟なようですが、毎日毎日、鳥との戦いです。仕事でぐったりして帰ってくるのに家に帰ると鳥(のフン)が待っている(>_<)

 

たかがフンというなかれ、少し落ちていると、これが他の鳥を呼ぶんですよ。

朝綺麗にして来ても、仕事が終わって帰るともうあるわけですから、地味にHPを削られるんです。

それに野生の鳥は、感染症を運びますからね。それが最も嫌なのです。(私は免疫を抑える薬を飲んでいますので)

 

一度、「まさかこんなところにまで」という場所に恐ろしいほど溜まっていて(数年分です。今思い出しても気持ちが悪くなります)、その事があってから私もかなり神経質になってしまいました。

 

ベランダの「ある一角」にとても執着している二羽ほどがいましてね。つがいかな。

他の鳥と上手くいかなくてここに休みに来るのかなあ、とかちょっと考えたりもしましたが、でもそんな事言ってられないので。

それが、必ず二羽なのです。小型の鳥(スズメ)の寿命って短いよね? だから同じ鳥ではないはずなのに、何年経っても必ず二羽。何故。

 

 

最後の頼みの綱、防鳥ネット

 

そんなわけで、こちらもいい加減疲れてしまって、もうベランダを網で覆うしか手がないなと。業者に頼むといくらになるのか調べてみたら、エライ高くてビックリ。安くて3万から7、8万。

そんなに出せねえーーー!!!

 

仕方ないので防鳥ネットを買って自分で取り付けたのです。すっげえ不恰好ですが。

念入りに掃除もやって、やっと一息ついたところ。

 

ここまでに、鳥関係では相当なお金を使いました。でも結局は、忌避剤以外効果無しでしたからね。初めから防鳥ネットにしておけば良かったのかも。

 

そして、張った後になって気がついた。

台風シーズンはその都度これを取り外してまた張って…をやらなきゃいけないって事だーー。

だって取り外さなきゃ破けちゃうもんね。

どこかへ飛んで行っちゃったらご近所迷惑になるし。ここ、周りに何もないから風当たりが強いのです。

テグスがテープで張れるのなら、ネットよりもテグスの方が風の抵抗無いよねぇ…。

 

一応磁石とか洗濯バサミとかS字フックとか養生テープとか、使えるものをフルに使って、取り外しが出来るだけ楽になるようにはしたんですが。

 

そして溜まったストレスの元も、ちゃんと抜くのよ

 

長々と書いて来ましたが、はたから見るとアホらしいような事でも、悩んでる当人にとってみたらすごいストレスな事もあるんだよって話です。

 

この場合、エネルギーデトックスワークで抜くのは、言うまでもなく「糞害によって溜まったストレス」ですね。

掃除した時の事を思い出すだけで気持ちが悪くなるので(こうして書いているそばから気持ちが悪い)、数年分だからね、相当蓄積してるでしょう。

しかも相手は話してわかる相手では無いし(鳥だからね笑)こっちが一方的に我慢を強いられて来たからねー。

(そう言えばこのフレーズ、最近よく言ったり書いたりしてるな…何かありそうだな)

あ、ワークやったからって鳥が来なくなるわけではありませんからねー。

 

それと、「型示し」の意味合いでは、この鳥トラブルは間違いなく上から便利に使われてもいました。ある種のバロメーターとして使われていた。

 

それと、今回、何年も何となく だましだまし、自分をごまかして来たことに手をつけたのですが、こういうことって他のことにも波及するものなんですよね。

いやむしろ逆も然りで、深いところで動いたから現象として出た、と言うべきなのかもしれません。

 

現象だけ見ると単に「鳥対策」でしかないんですけど、重い腰を上げて行動した、手をつけるのも嫌だったところに手を入れた、綺麗にした、ということになるんですよ、潜在意識から見ても。

 

本当に今日まで、何とかしなきゃと思いながら、そうするには「(わたし的に)鬼門の場所」に手を付けなければいけないので、ずーーーっとずーーーーっと延ばし延ばしにして来たという事なんです。

だって本当に手をつけたくなかったんだよ!!

ほんっっっとうに、超絶やりたくなかったよーーー!!!

 

うーーん、もっと分かりやすく書ければいいのになー。何となくわかって頂けるでしょうかね?

 

とにかく「見ない振りをして来たところにやっと手をつける事が出来た」という事が、多分、自分的にはめっちゃ進歩なんですよ。

多分。多分ね。(←割と自信なかったりするw)

 

と言ってもまだ8割ほどで、もう少し取り外しがしやすいように改善したいのと、結果的に粗大ゴミを出すことになったので、まだ完全には終わっていないのです。

 

さっきしみじみ眺めてみて、あああ、張るならもっと美しく張りたい! と悶えてしまったよ(笑)

 

そんなわけで、後日、もう少し美しさを求めて張り直そうと思います。

 

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

 

 

◆エネルギーデトックスワークのことその3◆ワークとストーカー行為・私の場合

もくじはこちら

 

ストーカー行為とエネルギーデトックスワークのことで、ご質問を頂きました。

このブログは「ストーカー行為」の検索で見える方も多いので、ブログ上でお答えいたします。

 

◆エネルギーデトックスワークをすると、私もストーカー被害は止むのでしょうか?

 

◆過去のFAQにあります、

◆FAQ◆エネルギーデトックスワークで、病気が治りますか? - Harmonize

と通じるところがあるのですが、改めて。

 

私がこちらの記事

平成。それは『波乱』の時代だった。 - Harmonize

で書いたように、長年の元夫からのストーカー行為がパタッと途絶えた、ということは事実としてあります。

 

が、それは、「エネルギーデトックスワーク『だけ』をしたからストーカー行為が止みました! 」というものではありません。

それは「エネルギーデトックスワークで病気が治ります!」と言ってしまうのと同じレベルになってしまいます。勿論、「エネルギーデトックスワークで病気が治ります」というのはありません。

 

私のやったことから順に書いた方がわかりやすいかなと思うので、それを書きます。

 

 

f:id:harmonize:20190423104932j:image

 

 

私がやって来た事

 

①現実的・物理的対処は不可欠

まずは、物理的に元夫との接触を断ちました。

ただ、完璧に断つことができない事情があるため、そこを巧く利用されて何年にもわたって苦しめられてきたのですが。

それでも必ず、直接話すことはしない、会うこともしないというのは徹底しました。どうしても必要があるときは、間に息子を入れました。

 

ストーカー行為の程度によっては命に関わることもあるので、まず始めに、現実的な対処は絶対に外してはいけません。

 

 

②相手は変えられない。だから自分の方が変わることを選んだ。

 

はじめの数年間は、「ストーカー行為をしない事」を、相手に要求し続けました。

が、それ自体が相手にとっては「私と関わる事」となるのです。当然、行為をすれば私からの反応があるわけですから、やりますね。

そして重要なのは、ストーカー行為をするという、そこまで行ってしまうと、相手にはそういったことに対してのまともな判断力が既にないという事になります。

 

(なお、ストーカー行為をする人に、きちんと仕事ができるかどうかであるとか、人望があるかどうかとか、人気者であるとか、優しい人であるとか、そういう事は全く関係ありません)

 

そういう判断が出来るなら、そもそも初めからストーカー行為などやらないのですよ。

事実、相手は自分がストーカー行為をしているとは全く思っていませんでした。それどころか、「私のため」と信じていました。

 

もう、そうなってしまったら、相手を変えるなんて無理です。自分の方が変わるしかなくなるのです。

 

その、「自分の方が変わる」というのはどういうことかというと。③に続きます。

 

 

③自分の受け取り方を変える

 

これも正直言ってかなり難しいことですし、『なんで私がそんな事しなきゃいけないのよ! 悪いのは向こうじゃないの!』と相当腹も立ちました。

自分の受け取り方を変えるには、自分の価値観、「こうあるべき」という信念を変えていかないといけないのですから。

それは自分を直視し内省し、時には自分の汚いところと否応なく向き合う必要がありますから、これも結構キツイものがあるのです。

 

でも相手の価値観を変えさせる事ができない以上は、自分の方を変えるしかないのです。

 

この先何年も何年も、ストーカー行為に苦しめられながら人生を送るのか?

今苦しい思いをしても、自分が変わる事により解決に踏み出すのか?

私は後者を選びました。

 

なかなか自力では出来ませんから、私はその助けとして複数のことをしました。それが、以下④からの事です。

 

④視野を広げ、視点を変え、心を変える

 

受け取り方を変えるため(=価値観を変えるため)、視野を広げるために、これまで興味のなかった分野の事を知る。

より深く自己カウンセリングが出来るようになるために、心理関連の勉強をし直す。

(自己カウンセリングが出来ない人は、他者によるカウンセリングをお勧めします)

 

これはかなり有効でした。

自分を変える事で、受け取り方が変わる。ストーカーに関する事以外でも、視点が変わる事で見える世界がガラッと変わってきます。

 

が、理性で理解出来て心の持ち方を変えても、実際に再びストーカー行為をやられると、いとも簡単に心が地獄に引き戻されてしまう…というのを嫌という程に繰り返しました。

 

そこでやっと出てくるのがエネルギーデトックスワークです。

 

 

f:id:harmonize:20190423105302j:image

 

 

エネルギーデトックスワーク

 

…で、ストーカー行為によって自分の中に溜まり続けてきた、『自分の心身に不調をきたすエネルギー』=『地獄の心に自分を引き戻すエネルギー』を抜く。

 

ストーカー行為が始まった当初は、エネルギーデトックスワークや、ましてやスピリチュアルなどというのは全く無縁の世界に生きていました。

それどころか、「スピリチュアルだぁーー? わたしには要らんわ!」みたいに斜めから見ていたと言ってもいいです。もっとはっきり言ってしまうと、スピ関係は現実逃避としか思えなくて(事実そういう人が多いようにも見受けられた)一切合切嫌いでした。

 

縁あってエネルギーデトックスワークが出来るようになり、狙って不調の原因となるエネルギーを抜く事ができるようにスキルが上がってくるうちに、ハタと気がつきました。

「理性でわかっていても実際ストーカー行為をやられると簡単に地獄の心に引き戻されてしまうなら、その元となるものを抜けば良いのではないだろうか」ということにです。

 

つまり、理性や心の下にあるもの、『心でコントロールするのを難しくしているもの=エネルギー 』を、根本からなんとか出来ないのだろうかと。

それこそが、最近「元から断つ」と私が言っている意味になります。

 

ただし、繰り返しますが「エネルギーデトックスワーク『のみ』していればいいよ、というものではありません。

実際私はここに至るまでに、前述したように色々な事にかなり身を入れて、人任せでなくやって来ましたし(今もやり続けている事もあります)、それがあったから、ここまでたどり着けたのだろうと思っています。

そしてエネルギーデトックスワークのみに関して言えば、ここまでスキルを上げるのに1年以上を要してもいます。

そのスキルが身についた上でのエネルギーデトックスワークの効果と言ってもいい。

 

更にはそれだけのもの(時間、スキル、知識、経験、その他色々)を私の中に積み重ね、化学変化のようなものを起こす事が必要だった、ということです。

 

また、自分のやる(べき)事、必要なことをやった上でのエネルギー的な対処はより有効に働く、とも言えると思います。

 

なお、「ワークが良いのは分かったけど、これから1年以上も時間をかけないと同じようなスキルは身につかないの?」という方のために、『スキルを持った認定セラピスト』がおります。ですが私は認定セラピストに抜いてもらうと同時に、セルフワークができるようになる事を強くお勧めします。

 

 

『人』が自力でできる事は、このような感じです。

 

 

書いて良いものかと思ったこと

 

かあるのですが、上から許可が出たことについて最後に書いておきます。(あとで削除する可能性もあります)

 

世界(その人その人の住む「場所」)の固定化が急速に進んでいるので、(無意識のうちに)自ら望んで好くないほうへ行く人も増えて来ています。

そういう意味で、人を変えるのは難しくなっているという事でもあります。

更には「居る場所」が変わると本当に関わりがなくなってくる、おそらく未来的には「その存在自体も知る事がなくなってくるところ」がある事が当たり前になって来ます。

 

ですから、人を変えようというのは、益々労力ばかりが大きくなる事が予想されます。というか、すでにそうなっています。

 

なので、人を変えようとするのに比べれば自分が変わる方がずっと労力は少ないです。

ただし、固定化が強まっているので、自分が変わる事すらも実は難しくなって来ています。

変わろうと思うなら、相当根性を入れて下さい。そして、早い方がいいです。

 

(他にも書きたい事はあるのですが、ブログに書く事は上の許可が出ませんので、今日はここまでにします)

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

 

 

平成。それは『波乱』の時代だった。

今週のお題「平成を振り返る」

 

私の平成は、ほぼそのまま、『元夫との時代』でもありました。

平成元年に結婚、平成23年に離婚。

だから、結婚していた時代でもあります。

 

離婚後、令和発表の少し前まで続いていた元夫のストーカー行為。不思議なことに現在ストーカー行為無し。

あんなに執着心丸出しですごかったのに。

 

何度も何度も何度も、延々と繰り返される、こっちの気が変になりそうなくらいのストーカーっぷりに、

「私は、そのうち○されるんじゃないか」

と、結構真剣に恐怖した事もありましたし、ある時期には息子もそれを警戒していた事もあります。

どちらかが死ぬまでこれが続くのかと絶望しかけた事もあります。

ストーカー行為というものが、どれだけの苦痛であるか、やられた人でないとわからないと思います。

 

…それが、三月(みつき)ほど前から突然途絶えたんですよね。

あれ? そう言えば途絶えてるな、というのが正直なところで。特に何かしたわけでは無いのです。

 

単なる偶然かもしれないし、たまたま今静かになっているだけで、またストーカー行為再開となるのも、これまでがこれまでだったので、あり得ない事では無いのですが。

でも何となく、もうこれまでとは違う感じがしているんですよ。

 

何が?

と言われると困るのですが…違うんです、としか。

 

以前は生霊級の強烈なサイキックアタックを日々かまされていまして、切っても切ってもすぐ繋がるしつこさに辟易していたのです。が、そのライン(エーテルコード)が今はエラく細くなっています。

 

もしかしたらこれも、以前書いた波動の変化と関わりがあるのかも知れません。

波動の変化。3月と4月での大きな体感差を考えてみる - Harmonize

 

そして「元を断つ」(不調の原因となっている元のエネルギーを抜くという意味で、元を断つ、ということです)という面を持つ技術である、エネルギーデトックスワークを1年以上にわたって地道にやってきた成果も結果のひとつとしてあるのかなと。

 

 

f:id:harmonize:20190422225023j:image

 

 

ちなみに普段、私は特に「これを抜く」というやり方はあまりしなくて、「私に不調を起こさせる原因を抜く」という大雑把さで抜いています。

あ、勿論、必要に応じて「あの時のアレを抜こう」という抜き方もしますよ。その方がいい時もありますから。

 

ストーカー行為を受けて相当な精神的苦痛を被り続けて来ましたから、当然それは抜けたでしょうねー。だって思いっきり不調を起こしていましたからね。不調の原因でしたからね。

不調の原因となっているエネルギーを抜くのが、エネルギーデトックスワークという技術なので。

 

そんなわけで、平成の終わりとともに元夫との関係性も変わったのがわかります。

 

どう変わったのかまでは今は分からないのですが…1年後にこの件についてまた書いてみようかと思います。

 

 

◆注意◆

エネルギーデトックスワークをすることによってストーカー行為が止む、という意味ではありません。

ストーカー行為が原因で色々な不調をきたしていた、その「不調の原因となったエネルギーを抜く」ことで、自分の心身に起きている不調が解消するということです。

 

私の場合、ストーカー行為が止んだことは、エネルギーデトックスワークの他にも多くの要因が絡んでいます。

エネルギーデトックスワークは、あくまでもその要因の一つであり、『これをやれば解決する』という『魔法』ではありません。

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村