Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

人身事故に思う

 

今日、セッションを終えて帰ろうとした時に

人身事故で電車の運転見合わせに出くわしました。

 

とはいっても、10分ほどで動きだすタイミングでしたから

実質私は何の影響もなかったのですが。

 

ただ、いつも思うのだけど、…やり切れないなあと。

 

 

一体どんな思いだった事かと思うんですよね。

その決意をするまでに、

その人がどんな思いをしたのかと思うとね。

 

 

相手は電車。圧倒的な質量の差で、

人の体がどういうことになるのかをわからないはずはないのです。

多大な賠償金を家族が負う事を、知らないわけもない。

 

それでも、電車というものを

自らの肉体的な命の幕引きとして使う、その心は。

 

 

自分というものを、生きていたという跡形も無くしたかったのか。

「その人にとっての」家族なんて、そもそもいなかったのか。

 

平日ではない日曜日を選んだのは、

その人なりのせめてもの気持ちだったのか。

 それとも、家族連れで賑わう日曜日のその時間帯を

あえて選んだということなのか。

 

 

 

 

 

「迷惑」。

 

 

たしかに、多くの人がそう感じるのは当然のこと。

 

電車が止まったことで生じたその時間の遅れが、

取り返しのつかない事態を招くこともあるのだから。

 

私だって、これが帰りだったからよかったものの、

もしセッションに向かう電車だったら、かなり困った事態になりました。

 

 

 

でも同時に、

これほど人身事故の多い社会って異様だと思うし、

「またか」と思う自分の感覚すらも

なにかおかしいなと思うのです。

 

 

f:id:harmonize:20180916145000p:image

 

 

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村