Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

へそからのエネルギーデトックスワーク。こういう胎内記憶もあるという話

もくじはこちら

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい - Harmonize

 

 

もともと私は、「胎内記憶」にはそれほど興味はなくて、ブレスのオプションにも「へそ」でなく、「女性器(子宮)」「他者の生体エネルギー」をつけています。

そっちには何か色々と溜まっているのが、エネルギーデトックスワークを知る前から何となくわかっていましたので。

 

 

これは上級セラピストになってからなのですが、たまに「へそ」から抜くと、その当時へその緒を通して母から取り込んだのであろうものが、意識に昇ってくることがあります。

 

「もの」といっても、「物質」の類ではなくて。感情かな。母の、その親などに対しての感情とか。

 

母には幼い頃に色々あったせいで、その親などに対しては、年齢が若い時ほどかなり複雑なものを持っていたようです。

 

母自身、その当時は心の中に沈めていたのであろう(でもおそらく無理に押し込んでいるという自覚は出来ていたはず)もの。

 

当時もう「完全に忘れていたもの」であれば、おそらく私に通じる事はなかったと思います。

でも私から抜けてくるという事は私に通じていたという事ですから、私がお腹の中にいた当時もそういう思いが残っていたのでしょう。

 

 

f:id:harmonize:20181204010316j:image

 

 

誰しもそうなのかも知れませんが、私もまた幼い頃は、随分と母との間には複雑なものがありました。

ですがこうして当時の母(そして幼い日の母)が感じていたもの、抱えていたものを思うと、そうせざるを得なかった、というより、そうなってしまわざるを得なかった母の心理というものも、より理解ができるように思います。

 

拠り所がなかったのだろうなと。

そして、ただ自分のことも愛して欲しかったのだろうなと。

 

へそから抜くときに感じた幼い弱い母が、もしかしたらまだ今現在も母の中にいるのかもしれない、とも思います。

だから母にも、機会あるごとにエネルギーデトックスワークで抜いてあげなきゃと。

それでなくても、ホントに色々溜め込みやすい人なので。

 

 

一口に胎内記憶といっても、こういうのもあるんだなと思った体験談でした。

 

 

◆なお、これは私個人の体験になります。

へそから抜いたから必ず胎内記憶が出てくるわけではありませんし、出てきたから何か特別とか凄いとかいうことでもありませんので、その点は誤解なきよう、お願いします。◆

 

 

◆セッションのご案内◆ - Harmonize

エネルギーデトックスワーク協会

 

↓エネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村