Harmonize

生きづらい自分を変えたいと思いますか? 占術とエネルギーデトックスワーク

波動の変化。3月と4月での大きな体感差を考えてみる

もくじはこちら

 

◆重要◆カルマとか宿命とか運気とかスピとか言う前に、まずは現実世界です。 - Harmonize

 

 

いやーー、実は3月はかなりキツイ月でした。

物理的に、仕事がホントーーーにキツかったのです。長期病欠や怪我が続き、非常事態なくらいのスタッフの少なさだったので動ける状態である以上は休めませんでした。

「とりあえずは出勤しよう。午後から帰らせてもらおう」

と思っていても実際に行ってみたらとても帰れる状況になく、結局定時どころか残業までして帰る日々。

 

よく病気が悪化せず乗り越えられたものだと思います。(膠原病は大きなストレスがかかる事でグンと悪化するのです)

定期検査でもデータは動かなかったですからね。

ありがとう、エネルギーデトックスワーク。

 

 

f:id:harmonize:20190407084903j:image

 

 

そんな感じで、3月は環境的にも身体的にも確かにキツい時ではあったのですが、もう1つ不思議なことがありました。職場の重さが半端なかったのです。

 

もともと、病院というところは相当重いところです。が、私の場合はそこで20年以上も働いているので、慣れてしまっているのはあります。

慣れているはずなのに、3月は、特に後半から終盤の重さはかなりおかしな感じでした。

 

気がついたのがある日急に、と言っていいと思います。もともと重いのでそう気に掛けていなかったのですが、ある朝、『あれ? いつもと違う、なんだこれは?』と気がつきました。

 

体が疲れているから? とも考えましたが、過去この程度、あるいはこれ以上に疲労が蓄積したことは何度でもありましたからね。いわば特別なことではないのです。

でも重さは特別でした。休みの翌日だろうがそうでなかろうが同じ。体調や疲れによるものなら、日によっての違いがあると思うのですがそれが無い。

『あ、これは体調のせいじゃないな』

と思いました。

当然張られるプロテクションも、いつもに増して強化されていました。

 

それが、4月1日からガラッと変わったのです。

それはもう、ハッキリと違いがわかる変わり方で、意識を向けていなかったにも関わらず、わからざるを得なかったというのが正直なところです。

実際「今日はどうだろう?」なんて、いちいち気にしてはいなかったのです。でも「うわ、何これ、全然昨日までと違うじゃん!」と瞬時にわかりました。

 

その間に何があったかというと…特に何もなかったのですよ。自分でも特に変わったことをした覚えはありませんし。

でも興味はあるのでちょっと考えてみたのですが。

 

①周りの波動が上がって自分と同じになり、重さを感じなくなった

②自分の波動が下がって周りと同じになり、重さを感じなくなった

③周りの波動の上がり方が大きくなって自分と離れすぎ、重さを感じなくなった

④自分の波動の上がり方が大きくなって周りと離れすぎ、重さを感じなくなった

 

③と④は、違いを感じることができるレベルを超えるところまで離れたということです。

 

こんなところかなーと。

4月に入ってから職場の状況は確かにいい方に変わってきましたが、自分は同じところ(職場)にいるので、③④みたいな大きな波動的な動きはないでしょう。

 

あとは、新元号の運気がこの日から始まっている、という事くらいですかね。

実はこれが今の私には結構無視できないものらしいのですが。(あくまでも私個人に対しての、うちの上の人情報による)

勿論、たまたま波動が動くのと年号発表が重なったというのもあるんですけどね。

 

 

結局、いきなり軽くなった原因の特定はできませんが、何が起きたかによらず、時間を大事にして、やるべきことを淡々と粛々と進めていくのが何よりだ、という事のようです。

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村