Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

無数の選択が自分の姿と先の道を決めて行く

 

最近ね。

ものすごく大きい9の作用がありましたの。

もう落ち着いたのかなーと思っていたんですがね。

まだ来るか。

 

来るなら今年(2018年)の誕生日までに来るはずだな、と

1年前くらいから思ってはいたんですが…

やっぱりこの流れかーと。

 

 

 

人生には自分の前に大きな分岐点が来ることが何度かあると思うんですが

まさにその分岐点だったと思います。

 

 

例えなんですが、

右と左と進む道が分かれていて、

流れはやたらと左のほうだったのです。

高次の調整も左のほうばかりだった。

 

左に進むことが、きっとこの世に来た目的につながる道なんだと思う。

 

そして、自分でも、左に行くことに深いところからの嬉しさとか楽しさとか、そういうのがあった。

 

でも気持ちは右に行きたがっていたのですよ。

自分でも意外なくらいに強烈にね。

 

 

 

もう自分では理屈じゃなくわかっていることだったんですが、左の選択をしました。

 

 

そしてこの流れは、

実はそもそもの始まりは2009〜2010年の事で、それに気がついて戦慄しました。

「個人年運1の年」から始まっていることだったのです。(私の場合、誕生日が遅いので翌年に大きくずれ込む)

1の年に始まったことが、本当に9の年に1つの結果が出たという…。

そしてそれに向けて、この9年の間、抗えない強さで流れて来たという…。

というより、もうそれが自然の事だったんでしょうね。抗うという次元のことは何もなかった。自分の求めるままに進んで来ただけなのです。

 

たまたま今年は運気も強い時に当たっているので、働きも大きくなったのでしょう。

 

 

前にも書いていると思いますが、

「運気が強い」=「良いことばかり起きる」

ではないのです。

 

極端な事を言ったら、運気が強い時に業病になる人もいます。

 

「天」、「ライフパス」の求めるものと

自分が現世的に求めるものはかならずしも一致しないことがある、と言えば良いのかな。

 

「九死に一生」を得て、それまでの人生観や生き方がガラッと変わった、という事を聞きますよね。

あれはもう、天やライフパスが求める方へ、その経験を通して大きく舵を切った、という事なのだと思います。

「切らされた」というべきか。

 

 

話を戻すと、

「今は」手放したほうがいいとはわかっているけど、

自分にとって大きい事であればあるほど、やっぱり痛みを伴うのですよ。

 

一般的に、その痛みが辛いから現状のままでいる事を選択してしまうというのも、ままあると思います。

そしてそれを否定もしません。

 

私の場合は、現状のままでいることにも痛みを伴いはじめていたので、究極の選択みたいなものでしたが。

 

この選択で、多分道がこれまでの方向から変わるんだろうと思います。

どう変わるのかはまだ分かりませんし、選択はこれからもいくらでもありますから、必ずしも最短最速で進むとも限らないです。

どちらにしても、全てが学びで自分の血肉になるものですけどね。

 

ただね、今選ばなかった道の先にあったものが、今後も手に入れることが出来ないとは限らないのです。

 

右か左かではなく、進んでいったら右も左もという結果が待っていた、ということもあると私は思うので。

ただ、今は、左に行く事を選んだという、それだけのことなんでね。

 

小さな事でも大きな事でも、先を創って行くのは自分自身の選択です。

 

そしてその選択は、どんな場合でも間違っていることはないと思います。

 

ただし、選択は自分でするもの。

人に意見を乞うたとしても、あくまでも決めるのは自分であるべきですね。

 

どんな選択でもその時その時で間違っていない。

ですが、責任は伴うのですよ。自分の人生ですからね。

 

 

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村