Harmonize

生きづらい自分を変えたいと思いますか? 占術とエネルギーデトックスワーク

突然与えられた答え。「手放さなければいけない、学んだ事」

2019.5.5.加筆修正

 

 

昨日の1dayセミナーの時に、マイコさんから

「手放さなければいけない学んだこと」といわれまして、

学んだことと聞いて、私はその時に、有料で手にした動画の事がすぐにピンと来たのです。

内容はいいもの(だと思う、きっと)だけど、多分エネルギー的に私とは合わなかったんだろうなと思う。

あるいは、手を出し過ぎてしまったのか。うーん、きっと前者。

 

だから、何だか食べ過ぎ感というか、消化不良というか、疲れというか、とにかく、あ、これは要らないのかもな、というのがあったのです。

でもほら、有料で手に入れたからね。やっぱり処分するにはちょっと惜しいのですよ。別に物理的に邪魔になるものじゃないし、( i Phoneの中)まあいいか、このままでも。と思っていたのです。

 

1dayでそう言われて、すぐに思い浮かんだのがそれだったので、そうか、やっぱり勿体無い根性出してる場合じゃないか…と、削除しました。

 

ここまでが前座ね。ここからがメインです。

 

f:id:harmonize:20190505222356j:image

 

そしたら今日になって、というか、ついさっきです。そんな小手先のことではなくて、もっと深い事だよ、という事がするっと入ってきたのです。

 

「手放さなきゃいけない学んだ事」

というのは、もっともっと長い時間をかけて血肉となった事。

 

多分、過去生から持ってきている学び=今生では無意識にやってしまう事です。無意識にやり続けているという事は、それに特化して強烈に学び続けている、という事です。

 

でもこの先に進むためには、それを

「持ちながらも手放さなければいけない」

 

注)捨てる、ということではなく、

そしてそれに「使われる」ということではなくて、取捨選択しながらそれを「使う」ができるようになる事

 

…が必要になるんですね。

 

もう、これが頭に入って来た時はね。ものっスゴイ目からウロコでした。

 

今の今まで、一度もそんな風に考えたことなんて無かったのに。どこかで聞いたことぐらいはあったのかもしれない。

でも、上滑りしていて、自分の中に入っていなかったのでしょうね。

(皮肉なことに、この『上滑り』という言葉、昨日私自身の口から出て自分の耳で聞いていた言葉なのですよ…実は自分自身に聞かせたくて口に出していたのでしょうかね。出来すぎてて恐ろしいわ)

 

ふつう、「学んだこと」といったら、現世的に考える「学んだこと」じゃないですか。

「何だろう、学んだことって何だろう」って、まず現世的に学んだことを探すじゃないですか。

(いや、これも、現世的と言ったら現世的なんですけどね)

 

そうか、こんな風に「性質」に関わる深いことでも、たしかに学びだよね…と。

 

それに使われているのではなくて、それを使うようになれと。一段上るには、それが必要なんだよと。

 

あんまりガイドガイドと言いたくないんだけど、どう考えても見事に一連の流れになっているので、これはもう、気付かせるための上の采配と認めざるを得ないだろうなあ。

 

私にとっては、価値観のひっくり返りに等しい事。これって結構大きい事なんですよね。

 

 

勢いに任せて書いてしまいました。訳が分からなかったらごめんなさいねー。

 

自分のための備忘録です。

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村