Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

あなたはいつまでストレスの種を育て続けますか?

もくじはこちら

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい - Harmonize

 

 

誰かにひどい事を言われた。

裏切られた。

ひどい仕打ちをされて、深い深い傷を負った。

 

時が経って「ひどい事をした人」は、

今はもう目の前から消えた。

(あるいは、まだその人は居るけれど)今もひどい事をされているわけではない。

 

でも、時々蘇る。

今はもうその人はここにいないのに、

その時の記憶が蘇って、その時の哀しみが、怒りが、羞恥心が、心の痛みが追体験される。

目には見えないけれど、原因となった人もなった事も、もう過ぎ去ったけれど、そのあとも心に何かが残り続けている。

 

そういったものは自分を自然と「戦闘態勢」の状態にし続け、周りを警戒し、またあるかもしれない「攻撃」に備え続けるのです。

いつ攻撃を受けても、今度は傷つかないでいられるように。受けるダメージが少なくて済むように、攻撃そのものを避けることが出来るように。

 

顕在意識でそうしているという自覚が無くても、受けた傷が大きければ大きいだけ、無意識レベルで、常に戦闘態勢に自分を置いているのです。

ですから、心は(身体も)当然休まりません。

リラックスした状態からは遠くなります。というより、真逆です。

 

 

そしてまた同じようなシチュエーションに遭うと、

「ほら、やっぱり準備していないとダメなんだ」

「だから、いつも準備しておかないとダメなんだ」

という思い込みが強化されていく。

 

あるいは自分がいけないのだと、自分を責めて責めて、自分を否定する人もいるでしょう。

 

 

それらの思い込みは強化されるから、同じようなことばかりが見えるようになり、さらに思い込みは強化されていく。つまり悪循環が始まるのです。

 

 

常に戦闘態勢をとっていると、体に回るべきものがストレスへの対処で消費されてしまいます。

そんな事が続けばやがて、身体や心に色々なことが出てくるようにもなるのは、想像に難くありません。

 

 

 

f:id:harmonize:20190111205629j:image

 

 

 

リラックスするために、心身の緊張を和らげるために有効な事は色々あります。

音楽を聴いたり、森林浴をしたり、綺麗な景色を見たり。α波が出る事をしてみたり。カウンセリングを受けてみたり。

 

 

 

そして、エネルギーデトックスワークもまた、有効な方法の1つです。

しかも「元」に働きかけることのできる稀有なものです。

 

 

「自分の内にあるストレスのもと」

つまり、ひどい事をしたその人はもういないのに、ひどい事はもう過ぎ去ったのに、自分をずっと戦闘態勢にしている不要なエネルギー、それを元から断つ(抜くことにより)ことが出来る方法です。

 

 

 

 

あなたはいつまでストレスの種を育てますか?

 

 

 

 

◆セッションのご案内◆ - Harmonize

エネルギーデトックスワーク協会

 

 

↓エネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村