Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

「人は己の鏡だ」としつこく見せられた事

もくじはこちら

 

 

なにかと打ち明け話や悩み相談をされる事があります。

 

近頃、「ああ、周りは鏡ってよく言ったものだな」と思う事が続いたので書こうと思います。

 

①まずAさんから「Bさんからの言動が辛い」と打ち明けられました。

②別の日にBさんから「Cさんの言動が辛い」と打ち明けられました。

③さらに別の日にCさんもまた、別の人に対して同じような事を思っている事を知りました。

 

さすがに③まで来たところで、

「それぞれが『気付きなさいよ』と見せられているんだな」

という事を思わずにはいられませんでしたが、

これには更に続きがあります。

というより、ここまでは序章。

 

 

f:id:harmonize:20181108201308j:image

 

 

これは、ひとつはAさんBさんCさん、

それぞれの人が直面しているハードルではあります。

 

ですがもっと突き詰めると、この中でその全てに関わっているのは私のみ、なわけ。

つまり私自身が、この事に象徴されるような、何かものすごく大事な事に気付けていない、ということになるんです。

…というふうに捉えました。

 

実はこれこそが、この流れの本体だと思っています。

 

何となく、何であるのかは、分かっていたかもしれません。

ただ、

「冗談じゃない、私は違う!」

みたいな嫌悪感があると、肝心な事を認められないものなんですよね。

 

でもとうとうハッキリと見せられましてねー。

 

あー、やっぱりそうかと。

まさに鏡として見せられていた「ある事」があったのですよ。

それが不快であればあるほど、認めたくないですからね。

でも、「ああ、こりゃ認めるしかないわ」と。

 

何となくですが、

この世には「気付かせ役」というのがどうやらいるらしいなと思います。

 

お互い生まれる前に、そういう役をその人に頼んでくるのか、あるいは互いのガイド間の交渉によるのかはわかりませんが。

そしてその気付かせ役も、常に同じ人であるわけでもなさそうです。もちろんその逆もあるでしょうが。

でもやっぱり、「近く」(物理的な距離という意味ではなく)にいる人が、1番その役割を担うのかもしれませんね。

 

何事もそういう目で見てみると、人生ってもっと実り多い時間になるのかもしれません。

 

出来るかどうかはまた別の話ですけど。

そういう目を持ちたいものだな、とは思います。

 

 

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村