Harmonize

生きづらい自分を変えたいと思いますか? 占術とエネルギーデトックスワーク

◆お題◆未来のミライ

 もくじはこちら

 

お題「最近見た映画」

 

これも公開時に観ようと思いながら見逃した作品でした。

金曜ロードショーで放送すると知って、録画して観ました。

 

ワクワク!  して観始めましたが。

 

途中で不快になってリタイア。

うーーん、何でだろう。

 

多分、下の子が生まれて葛藤の只中にある四歳の男の子に対しての、両親のフォローが(少なくとも私の目には)全く見られなかったことに失望したんだろうなと思います。

 

「なんでそこで抱きしめてやらない?」

「2人いるなら(4人いる場面でもあった)1人は上の子を抱いてやってくれよ!」

「お母さん、なんでそんなにお父さんに対して上から目線なんだ?」

「お父さん、なんでそんなに頼りないんだ?」

 

これねー、つまりは私自身が持っているものに由来するということです。

何もなければ、色々目につくところはあっても、平気で観ていられるんですよねー。

 

 

(自分が遭ったと同じような目に遭っている)子供を助けてやろうとしない大人への怒り。

誰も自分を見てくれないと感じている(であろう)子の心。

もう自分のことはどうでもいいのかという悲しみ。

 

かつて自分が感じたのであろう場面を、外側から見せられ続けることに怒りと悲しみ、諦めといったものを掻き立てられたからに他ならないんですねー。

 

 

f:id:harmonize:20190713231045j:image

 

 

そして、それとは別に、自分自身にもそういうところがあるという(つまり、あの両親、大人側の立場)(普段は自覚していない)面を見せられたから。

 

 

あの作品は、そういう意味で、深いところを結構炙られる作品だと思います。

 

映画のレビューを見ても、私みたいに感じた私くらいの年代であろう人が驚くほど沢山いて、

同じようなものを抱えている人が沢山いるんだなと驚きました。

 

映画とか小説とかって、『面白い』とか『つまらない』という感想のほかに、なぜそう思ったのか? という深いところを探ってみると、意外な発見があるかもしれませんねー。

 

 

 

www.harmonize.blue

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術+αによるメール鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村