Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

「わたし」主体か「他人」主体か

もくじはこちら

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい - Harmonize

 

 

 

ある人の事。

 

その人は劣等感が強く、自分に自信がなく、

(ただしそれを自覚出来ることは何十年とありません)

その代替えとして、

「自分は人の役に立つ人になる」

と言うのが口癖でした。

 

人の役に立ち感謝される事でお金を得て、成功をおさめる。

自分は大勢の人のように、ただ日々を生きているのとは違う。崇高な夢を持ち、それに向けていつも頑張っている。

 

もう数十年そう言いながら生きています。

実際そのための努力もしています。

(今は)自分を律し、快楽を遠ざけ、ストイックに生きています。

 

それが壊したものへの罪滅ぼしになると心の奥で思っているからでもあり、また自分がいかに頑張っているかを示したいという心の表れでもあるとわたしは思っています。

そしてそれもまた、自分を褒めて欲しい、認めて欲しいという欲求につながってもいる。

 

 

人の役に立ちたい、人から感謝されるようになりたい、それは、とても立派な事だと思います。

ただし。

それを、自分の中できちんと消化できているのであれば。

 

 

「自分はこれだけ頑張っている」

「自分はこんなに我慢している」

「こんなに自分を律しながら弱音も吐かずに生きている」

 

 

その人の中には、「だからそれを、認めて、凄いと褒めて」という思いが常にあります。

当人には、それを自覚出来ることは、このままいけばおそらく無いでしょう。

 

その人は苦労人でした。その経験から、ストレス耐性も人よりも高いと思われました。

ただ、同時に、これは見抜けなかったのですが、非常に自己評価の低い人でもありました。

それが何故であるのかはわかりません。

幼少時、あるいは多感な時期に何かあったのかもしれません。

 

 

その自己評価の低さが、

「人の役に立つことで認められて成功をおさめたい」

という意識につながっていったのでしょう。

昔の日本人(人生50年と言われた頃)の寿命を越えた年齢になってもなお、「自分はいつか」と思いながら、言いながら生きています。

 

いくつになっても目標を持つ。夢を持つ。

それは、人にはとても大事な必要なことです。

私もそうですから。

死ぬときに「やっておけばよかった」と後悔しては一生という時間が勿体無いですから。

 

 

ですがそこには「ただし」という言葉がつくのです。

ただし。

そこには人への強制があってはならない…と。

 

 

それを人から認めてもらわないと我慢ができない。

認めてもらうことを強制してそれが誰かを悩ませ苦しめても、苦しめている事にすら気づかない。

 

もっと言えば、何故こんなに頑張っている自分を褒めないのか、賞賛しないのか、自分の価値がわからないオマエはおかしいと、攻撃にすら転じてくる。

 

人の役に立ちたいと言い続けながら、

人を苦しめている事には気付かない。

 

 

いや、百歩譲って気付いていたとしても、自分が満たされることの方が大事なのです。

 

その人の周りには、その人を「そのまま」認めてくれる人が恐らくいないのでしょう。

「自分の居場所はここじゃない」と思いながら生きているのでしょう。自分はこんなところにいるような器じゃないと思いながら。

 

 

事実そうであると確認したわけではありません。ですが、その人の行動を見ていると見えるのです。

「今」を生きる事に集中出来ている人は、過去よりも今と未来を見る事ができるでしょう。

 

 

本当に「人の役に立つ事が自分の喜び」であるならば、それを誰か(自分が一番褒めて欲しい人)から褒められるかどうかという事など、どうでもいいし、ましてや褒めてくれと強制することなど無い筈なのです。

 

そこに、強い幼児性と依存性を感じるのです。

そう、その人が求めているのは、何があろうとも無条件で自分を愛し受容してくれる、完璧な「母親」なのだろうと。

 

ですがお気付きのように、世界中どこを探してもそんな他人は居ないのです。

 

 

 

f:id:harmonize:20181128081509j:image

 

 

 

それは「わたし」主体でなく「誰か」や「あなた」が主体の人生。

 

 

 

わたしは、「わたし」主体の人生を生きたいと思います。

 

 

 

 

 

追記

こんなことを書いていますが、

わたしも全く完全な人間ではありません。

こういうことから、じゃあ何が学べるのかというところに意識を向けていければと思うのです。そうは言っても難しいんだよね、と言ってしまったらそこで終わってしまうので。

 

そしてそれはわたしがわたしだけに求めることで、他の誰に強制するものでも無いことを申し添えます。

 

 

◆セッションのご案内◆ - Harmonize

エネルギーデトックスワーク協会

 

 

↓エネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村