Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

人は見たいようにしか見れない。すごいところに球を打ってくる上司について

もくじはこちら

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい - Harmonize

 

前に書きましたがね、

立派な上司なんて、実は少ない。だから人間性ではなく役職を見る事も必要 - Harmonize

 

何でこういうことを書いたのかというと、今の直属の上司が、とにかく合わないのですよ。行動の仕方が。

 

例えるなら、「1言ったら10理解してね!」みたいな人ですな。(いや、普通それ無理ですから)

なもんだから、まーーーー、振り回されるんですわ。というか、まーーーー、振り回されていたんですわ。

自分のやり方で進めた方がどんだけスマートか。ラクか。心穏やかか。

 

「もおおおおおやってらんねええええ!!!」

 

と、走り出したくなるような事も多々、多々あるのですよ。

あまりの言われ方に悔し涙した事もあるあるある。この年になって経験があっても真っ向からやられるとね、そりゃ否定された感バリバリです。

 

それでも何故「辞めてやるぜこんちくしょう」とブチ切れないのかと言いますとね。

 

役職的(能力的)には、到底私には及ばない部分を、確かに上司は持っているのです。

それは認めざるを得ないんですよ。

私がその上司と同じ歳になった時、同じことが果たして出来るだろうかと思うとね、まあ、出来ないだろうなと。

 

ただ、私と上司は人間のタイプが全然違うので一概には言えないし、私が出来ることを上司には出来ないだろうなという事も勿論あるんですけどね。

 

それとしても、「役職」としての能力はもう、すごいものを持っているんですよ。

 

この上司がとんでもない球を打ってくる事が多々あっても、私は上司の人間性は今はもう見ていません。

だから上司が打ち返しやすい球を返し続ける事が出来るんですね。

 

 

 

f:id:harmonize:20181222001010j:image

 

 

 

具体的にどういうことかと言うと、上司の、ぶっちゃけ足りない部分を補うんです。

多分上司の方もそれは分かっているだろうから、頼りにしているのもこちらにはよくわかる。

そうしているうちに、場数が増えると、先を読めるようにもなってくる。事前の対処や知恵が働くようになってくる。

ブチ切れそうになる回数が減るのですよ(笑)

さらに関係のない他の場面でもそれが生きてくるのです。

 

そして気がつくんですよね。

「この人の下についてから、すごい自分が広がったなぁ」と。

多分、自分と性質が合う上司だったら、ここまで短期間で成長することはなかっただろうと思います。

頭の柔らかい若い人ならいざ知らず、もうそれなりに固くなってるところもあるでしょうからね。

 

そして、「役職を遂行している人としてみたときに、やっぱりこの人はすごい(ところがある)」というところに目がいくという幸運ですかね。

これは、多分それを見ようとしなければ見えません。その人の人間性ばかり見たり、自分の価値観からだけ見ても見えません。きっとね。

人は、見たいようにしか見れないものだから。

 

あ、一応言っときますが、人間性がダメな人ではないですよ。ある程度(以上)のものがないとその役は出来ませんから。

ただ、かなり、かーなーり個性的ということなんです。

合わない人はきっと徹底的に合わないと思います。私も決して合うタイプではありません。

 

でも不思議と、合わない人とやっていく方が、成長のスピードが速い事は確かなようですね。

 

それと、上司は上司なりに、人知れず思い悩む事も涙する事も(人間だから)あるだろうなとも思うのですよ。

それを微塵にも出さないところもね、まあ、わたしには到底真似出来ないところだなと思うのです。

 

こうしてみると好きと嫌いって紙一重なのかも知れませんねー。

 

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

 

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村