Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

ブログ上無料鑑定 H.A様

 

◆H様  女性◆

生年月日 19☆☆年 ☆☆月 ☆8 日
8-9-9


◆ご相談に関して

ます、やりたいことが続かない、極められないとの事ですが、
生年月日を中心に拝見したところ、
俗に言う「飽きっぽい」というものが原因ではないようです。

むしろ過去数には、のめり込みがちで、
何があろうと成果を出し、達成することそのものに喜びや満足感を見出す数字である8をお持ちであり、
更にはライフパス数9も中途半端に投げ出す数ではありません。

 

ですが、8も9もかなり完璧を求める数字であるため、客観的に見て物事がとても良いところまで行っていても、
H様がそれでは納得出来ないというものがおありなのではないかという気が致します。
それが「極められない、熱が冷めてしまう」という事になっているように思います。

 

更に、「8の辞書には失敗という文字は無い」的なところがあり、
9も「完成の一歩手前の数字である=理想がとても高くなりがち=完璧でない自分はダメ」というところがあります。


また、8はプライドが高いところがあり、
9は、恥をかくことへの強烈な抵抗感があることも一因として考えられるかと思います。


つまり、両方とも相当に自分に厳しくなることが伺え、
「自分の満足できるレベルになれない」
という事を恐れるが為に、予防的に手を引いてしまう…

というものがあるのではないかと思います。

この「自分の満足できるレベル」が、

H様はとても高いであろうということが、数字から見て取れます。

 

更にはH様は課題数にも9をお持ちなので、より9の面が良くも悪くも際立つと考えられます。

また、お名前を数字に変換してみると、お名前の方も8のエネルギーが高いことがわかります。

お名前の数字はあくまでも後天的なものなので、生年月日よりも弱い作用ではあるものの、既に先天的に8がお強いので、9と共に8も際立つでしょう。


お名前を数字に置き換えたところ、H様が後天的にお持ちの数字(氏名全体から)は5でした。


5は「五本の指でものを掴む」ように、体験や情報やチャンスを「五感からの欲求に従って、自ら求め掴みにいく」事を求める数字です。

飽きっぽいとは少々違い、5は変化を求める性質を持ちます。

ですから、5が強いかたの場合は、
「1つのところに止まっていると、限られた人生という時間を有効に使えない」
と言った本能から、動き続ける事を潜在的に求めるようになってきます。

 

そんな事から、お名前からくる5の性質も関係していると考えられます。
ただ、お名前のエネルギーは生年月日のエネルギーに比べてやや弱いものなので、

やはり先に書かせて頂いたように、8と9による影響がより大きいのではないかなと思います。

また、もう1つ、生年月日その他の数字を拝見すると、「1つの事をじっくりと研究、探求し、深く学ぶ性質」を持つ「7」という数をH様はお持ちではありません。


ですがH様は過去数に8をお持ちですから、潜在的に7の才能もお持ちと考えて良いでしょう。

生年月日その他の8と9のほか、お名前からの5が影響しあっているのではないかと思います。

 


次に「好き嫌いの激しさ」ですが、
実はこれは「さもありなん」なのです。

 

8は白黒はっきりとしますので「嫌となったら嫌。妥協しない、出来ない」
そして9は8以上に「好き嫌いが強くなる」数字です。

 

本物志向なので品格や質を強く求めるところがありますし、本質を見抜く目もしっかりしていますので、好き嫌いが強くなるのは当然とも言えるのです。
特に下品なものはお嫌いではないでしょうか。

 

ですが、そういった目が決断力に生きてくるし、確かな選択が出来るようにもなるのです。

おそらく、H様は(人に対しては)それをあからさまに表に出すことは滅多に無いと思うのですが、
表に出てしまった場合はかなり辛辣さが出てしまいます。
これは敵を作る事にもなる為、注意が必要になってきます。

 

 

◆ライフパス数と課題数(未来数)


カバラでは、人は若いうちほど過去数の影響が強いのですが、

40代前半くらいには過去数の影響(支配)の強い生き方から

ライフパス数らしい生き方へとシフトしていると、自然で無理の少ない、障害の少ない生き方が出来るようになると考えられています。

 

これは、自らが生まれる時に「こう生きる」と選んで来た数字がライフパス数だからです。

 

なお、過去数はライフパスらしく生きるために、数多の過去生の記憶から選んで来たものを示す数字です。
過去数の能力を使ってライフパスらしく生きるということになります。

 

そして課題数(未来数)は、「ライフパスらしく生きるために何を克服したらいいのか」や、弱点を教えてくれる数字です。

 

H様は、ライフパス数と課題数が同じ9でいらっしゃいます。
これは、「より強くライフパス数を意識していった方がよい」並びであると考えられます。


また、過去数による支配が増しやすい事も挙げられます。

 

ですのでここでは、ライフパスを意識しやすいように「9」についてを、
また、「9」に関して気をつけて頂きたいことなども書かせて頂きます。

 

先ほども書きましたが、「9」は「10という完成」の一歩手前の数字です。
ですから、
「人として見習うところがあり、
いわゆる『立派な人』という風に周りから見られる事が多くなる」
と言われています。

 

特に自分よりも社会的弱者や困っている人に対して目が行きやすいです。
大きな事でなくても、例えば電車の中で席を譲るなどということは、「当然のこと」。
「え、だって、そんなの別に普通のことでしょ?」

という感覚ではないかと思います。

 

また、3×3=9なので、3の頭の回転の速さや豊かな想像力も持ちます。
そして、8にも言えますが、決断力、行動力があり、社会への関心が高く、聡明です。

ですが他の数字と同様に、注意してほしいところも勿論あるのです。


まず、動く動機が自己満足からくるものになりがちなところがあげられます。


ですので、客観性に欠ける事があり、そうなると決めつけや断定が起こりやすくなります。
「こうあるべき」というモラルや倫理観が強く、それを自分や人にも求めてしまうところがあるかもしれません。

 

本来、成熟した理想的な9は、「平和や愛に溢れた暖かい世界」を求めます。


が、前述したような事が出てくると、自らが差別や区別をしたり、

見下したり決めつけたり…を、やりがちになってしまいます。

 

理想形として目指すのは、「そうだね、これもありだね」という、

受け入れて許せる自分…なのですが、現実的には決めつけをしてしまう人の方が多いかもしれません。


逆を言えば、そういった「理想の9」となるために、様々な事で、「許す」という試験をいくつも受ける、とも言えると思います。


そして、もう一つ注意して頂きたい事があります。

普段、非常に、非常に、我慢や努力をしているだけに、承認欲求が強くなりがちというところです。
ですから、世間体を気にしすぎたり、人の顔色を伺いすぎて疲れてしまうことがあるかもしれません。

 

「何でもあり」を認められて、「自分」の価値観から外れたことや人を許せるようになると、より楽に生きられるようになるのではないかなと思います。

 

 

 

鑑定は以上になります。
この度はありがとうございました。

 

 

 

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村