Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

win-winを目指そう! 2が強い人たち

 

今日は2のお話です。

 

f:id:harmonize:20180916153842p:image

 

 

まず、2は、女性性(陰)の象徴の数です。

1は男性性(陽)の象徴の数でした。 

2によって二極が生まれたわけですね。

 

女性性、陰ということで、象意としては、感情、受け身、受け入れる、協調性、繊細、ナイーブ、母性、育てる、控えめ、フェミニン、エレガント、親しみやすさ、気遣い、気配り、聞き上手、清純、安らぎ、共感力などがあります。

 

また、2極という面が、2を説明する時にはわかりやすいかなと思います。

「あなたと私」という関係性ですね。他者によって自身を認知するという感じ。

光がないと影は出来ないのと同様、

「元になるもの」があってこそ影が出来るのです。

 

ですから、理想的な2は、「名サポーター」となれるものを持っています。

誰かを立て、勇気付け、育てるわけです。

支えることで自らも成長していくようなイメージですね。

 

参考までに、皇后さまがLP2(20)のかたです。

過去数も2で、それも20日生まれでいらっしゃるので、

より懐が大きく賢い事、智慧が深いことがうかがえます。

太陽を受けて輝く(太陽を支える)月を思わせますね。

 

理想的な2は?

と言われると、皇后さまのような感じという答えになりますねー、私は。

(特に皇室が好きとかいうことではないのですが)

 

 

反面、ネガティブに2の性質が出てしまうと、依存が強くなりがちです。

 

先程「あなたと私」の関係性と書きました。

ネガティブに偏った2は、

「1人になりたくない」

というところが出て、それが行きすぎると依存的になるのです。

(あなたも私も共に尊い、ということなら何の問題もないのですが)

 

元々2は、

「元になるものがあって輝く」(=陰)

ので、ストレスレベルによっては

「それ(元になるもの)を失いたくない」

となってしまう事があるのですね。

 

ですから、大切なのは対等、ということになります。

win-winですね。

犠牲になるのではなく、依存するのではなく、

支える。共に協力し合う。

相手も大事、でも自分も大事、となること。

 

相手を支える動機が、「どうせ私なんて…」

とならないように、純粋に思いやりからとか愛からとか、そうなれる事がいいですね。

 

 

 

 

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村