Harmonize

生きづらい自分を変えたいと思いますか? 占術とエネルギーデトックスワーク

閃きは風呂。で、点と点が繋がった話

 もくじはこちら

 

 

以前閃きについて書いてますが

ひらめきは、朝。ひらめきは、風呂。 - Harmonize

 

先日書いた「そういえばシリーズその3」

「そう言えば」シリーズ3 ◆エネルギーデトックスワーク◆ - Harmonize

に絡んでそういう事だったのかーと合点がいったので、書きます。

 

少し前にマイコさんのエネルギーデトックスワークセッションを受けたことは書きましたが

自分の今の状態を保つだけでも大変な時代になっている。と思う。 - Harmonize

その時に「痛みの記憶を取って置いている」「もう要りませんよね」と、抜いて頂きました。

 

実はですね、私は子供の頃から「おかしいんじゃないの」ってくらいに怪我ばかりしていたんです。

あまりにも多いので、「お祓いした方がいいんじゃ…」と言われたこともあったくらい。

なのに、セッション時は「痛み」と聞いてもピンとこなかったんですね。思えば、あまりにも多いので、かえってピンとこなかったのかもしれません。

 

そういえば、あんな痛い思いをしたじゃん! なんで忘れてたの? とアリアリと思い出したのが先日の「そういえばシリーズ3」、膝の大怪我の記事。

 

 

f:id:harmonize:20190624001316j:image

 

 

あの記事を書いた日、お風呂に入っていたら突然、

「痛み」

「体の痛み」

「心の痛み」

「痛みは贖罪のあかし」

「痛みを味わうことで罪が許される」

「許されるためには痛みを味わう事が必要」

「許されたかったら痛みを味わわないといけない」

「痛みを味わわなければ許されない」

という訳の分からない謎設定がドンドン浮上してきました。

 

だから、「痛みの記憶を取って置いていた」というわけですよ。それは、「体や心が痛んだ事で罪を償った」という記憶になるのですからね。

成る程、自分ではそんな事に気付きもしないから、抜けないものだったわけです。

 

マイコさんのセッションで、自分で抜けないものを抜いてもらったことで取っ掛かりを得て、膝に残っていたものが抜け、またそれをきっかけにして「痛み=許されたあかし」という変な設定が明るみに出てきたんですねー。

 

成る程ねー。

いきなり膝が伸びたわけがわかる。

狙って膝から抜いたわけじゃなくても、要らないエネルギーを浅いところから着実に抜いていくと、こういう深いところが抜けて変化も起きてくるということですね。積み重ねって大事です。

 

そして、「許しと痛みとがセットになっている」という設定ですが、これはなんだか、感覚的にものすごく腑に落ちるんですね。

「ああ…まあ、わかるな、そうだな」みたいな。

どう言っていいのか難しいのですが。

 

…ですが、もうその時点でそういうものがあるとわかったので、そこからは「贖罪の証として痛みを味わわなければいけない」という道とは別の道を進むようになるんです。多分。

顕在意識にまで浮上してきたってことは、そういう事なんですね。

 

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆数秘術鑑定はこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村