Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい

もくじはこちら

 

なぜ私が?

と思った事はありませんか。

 

「なぜ私がこんな病気に」

「一生懸命やってるのに、なぜ私はいつもこうなるんだろう」

「今度こそはと思ったのに、やっぱり同じことになる」

 

 

 

私は、ありました。

 

 

 

例えば、病気。

 

私は難病を複数持っており、うち一つは、私の場合は、ある感覚器官に特に重い症状を来しました。

 

別のものは血管を侵すもので、血管というのは身体中どこにでもありますから、どこにどうダメージが来てもおかしくないのです。

 

覚悟はある程度出来てはいましたが、なまじ知識があるだけに、それらの診断がついた時の恐怖は計り知れないものがありました。

 

生活習慣を見直せば改善するとかそういうものではなく、その病を引き起こすものを自分が持っているがためなので、発症した以上は逃れようがないものでしたから。

 

治療を受けながら、食べ物でも習慣でも、サプリメントでも、メンタル面でも、これがいいというものは取り敢えず試しました。

それでも、じわじわと進む機能低下と、組織の破壊を示す検査データ…。

 

 

もはや長生きなど全く望まない。

治って欲しいとも思わない。(治ることはありませんから)

ただ、生きている間はどうか、機能を失いませんように。それだけでした。

失う事を想像することは恐怖以外の何物でもありませんでした。

 

 

それが今、このわざ、「エネルギーデトックスワーク」を始めてもう1年以上になりますが

(本格的に取り組み出してからはまだ8ヶ月です)

他に目新しいことはしていないにも関わらず、症状の進みは見られておらず、組織の破壊を示すデータは動かなくなりました。

不調な日が減り、一時的にしろ機能が回復しているのでは? という体感を得られる時すらあります。

 

なお、治療や検査などを受けながらである事は言うまでもありません。

私の中では治療の補助的な位置づけで、ですが、なくてはならないものとして、エネルギーデトックスワークを続けています。

 

 

 

f:id:harmonize:20181121214708j:image

 

 

 

 

「何故かいつも思うようにならない」
「今度こそはと思うのに、やっぱり同じ結果がやって来る」

 

…というようなことを経験しているかたもおられるのではないでしょうか。

 

次こそは、今度こそはと思うのに、やっぱり同じ結果が来る。

その時の落胆、諦め、無力感。

一体いつまでこれが続くんだろう、これが終わる時は来るんだろうかという不安。

 

それが自分ひとりで解決出来る事でなく、

他者が絡む事であれば、もういい加減にしてくれ、と叫びたい気持ちになることもあるかと思います。

 

 

 

例えば、病気がらみになりますが、

今度こそは大丈夫。体調も整えている。睡眠もとっている。ストレスをためないように気をつけてもいる。

要するに、やるべき事はやっている。

 

ところが、心機一転、頑張ろうと思っているのに、何日かでまた症状が出てしまう。

上手くいかなくなってしまう。

 

それが一度や二度ではなく、繰り返してしまうというような時。

 

「ああ、私は、色々な意味でもう無理なのかな」

と、諦めの境地になる時もありました。

 

離婚しているので頼る人はいません。

自分で自分の食い扶持くらいは稼がないといけないですから、焦るのです。

このままどうかなってしまうのだろうかと怖くもなるのです。

焦りは良くないとわかっていても。焦りますよね、普通は。

 

 

もうまともに働けないのか?

働けなくなったら、どうやって生きていけばいい?

こんな事が続いたら、職場に捨てられる。

そうなれば自分はどうなるのか?

 

 

まだ来ない未来を先回りして不安になっているのですから、解決なんてできるはずがありません。

そして、そんな事など百も承知で、それでも不安や恐怖は湧き上がって来るのです。

 

「こんな事心配していたら、本当にそうなってしまう」

「だから心配しちゃいけない、忘れなければ、前向きにならなければ」

 

そんな別の種類の不安までありました。

そういった事を考えるのを自分に禁じても、やっぱり心の何処かでは考えているんですよね。

だって、怖いんですから。

 

…抑えても出てくるそういう感情。

その「エネルギー」は、どうなると思いますか?

 

 

 

溜まっていくのです。

自分の中に。

 

 

個人的には、こういう事こそ、

自分の中に(長い年月をかけて)蓄積されてきた、自分にとって必要のない、無い方がいいエネルギーの影響を受けているのではないかと思います。

 

そして、エネルギーが原因で起こっている事 であれば、エネルギーデトックスワークで抜く事により、改善や解決が期待できるのです。

 

 

エネルギーというのは目に見えませんから、信じられないかたの方が多いかもしれません。

 

「エネルギー」といってしまうと馴染みがなくても、「機嫌の悪い人がいると場が重くなる」とか「感化される」とかいう事を考えて頂くと、何となくどんなものかがお分り頂けるかと思います。

「気」と言った方がわかりやすいかもしれません。

 

 

f:id:harmonize:20181121214935j:image

 

 

私のように色々な事を試してみても思うような結果が得られなかったかたは、エネルギーの観点から解決を模索してみるとよいかもしれません。

 

 

勿論、私を含め、セラピストに不要なエネルギーを抜いてもらうのはとても有効ですし、お勧めします。

 

ですが経験上、私は、日々のセルフワークもそれと同じくらいに大切だと思っています。

 

セラピストにはセルフワークで抜けないものをまとめて抜いてもらう事ができますが、やはり、普段から余計なものを溜めない事も大事なのです。

 

暴言や苦情、騒音、喧騒を聞かされる人は耳から(経験上、めまいや耳鳴りがある方も耳やコメカミから抜くのはお勧めです)

言いたい事を我慢してしまう人、思う事が言えない人は口から、

見たくないものを見てしまった人や、パソコンやスマホを見る機会の多い人は目から、

においに敏感な人や鼻炎のようなものがあるかたは鼻から…というように、抜くものはいくらでもあると思います。

 

 

 

 

私と同じような経験のある方、今現在悩んでいらっしゃる方へ。

 

 

このページが、あなたの不安が軽くなり、やがて気にならなくなり、いつしか笑顔になる、そのキッカケになりますように。

 

↓メニューはこちら

◆セッションのご案内◆ - Harmonize

 

 

 

 

↓エネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村