Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

人の優しさに出逢うとき…私が仕事が好きなわけ

 

仕事をしていると、

ほんっとうに、人の内面とダイレクトに接する機会が多いです。

それも普通の状態ではない人とですね。

 

もともとが「普通の、元気な」状態ではなくなっている、

それが特に進んだ人ばかりを相手にしているので、

一般の人が一生見ないようなものも見ます。

 

そういう仕事だというだけなんで。

それがいいも悪いも何もないのですけどね。

 

でもね。

時々ものすごい衝撃を受けることがあるのです。

 

 

 

昨夜の仕事で あったこと。

 

 

良くない方が、私の勤務終了間際にさらに良くない状態になりました。

 

私としては、その方の現状から言って

それは想定内の事ではありましたが、

やはり少々は焦るわけです。

手薄な時間帯でしたからね。

 

でもそれなりに修羅場を経験して来ていますので、

若い頃のように慌てないのですよ。

優先順位を考えてやるべきことをやるだけなんで。

 

ある程度落ち着いて、ああ、とりあえず大丈夫だなとなった時に、その方が言ったのです。

 

「ごめんなさいね、帰れなくなっちゃったわね…」

 

って。

 

時々こういう方がいらっしゃいます。

辛いのは自分なのに、こちらを気遣ってくれる方が。

 

勿論、相応の信頼関係が築けているというのが前提にあるのは否めませんけど。

 

 

一方ではやはり仕事上でハラスメント的な扱いを受けるときもあり

(私は不思議なことに、今はそういう事は皆無と言っていいです)、

そういうときも別の意味でかなりの衝撃を受けますが、

今夜のことのような衝撃は、ハラスメントなんぞの比ではありません。

 

 

人の愛から生まれた言葉、仕草、思いやり、気持ち、

そういうものって、「邪」なものをはるかに凌駕するんですよね。

 

私がその時受けた衝撃はほんとうに大きく、

1人になってから泣けてきました。

 

その方の優しさを思うとね。

人間というものは、苦しい時にも、人のことを思えるのかとね。

 

私だったら…出来ないな、と。

 

 

そういった人とも否応なしに別れの日は近づいて来るし、

それこそ、年に何人も何人も見送るわけですよ。

そういうところにいるので仕方ないんですが。

 

キツイときも正直あるのです。

 

 

それでも、こういう「人というもののすごさ」を見てしまうとね、

やっぱりこの仕事が私は好きだなと思うのです。

 

 

(余談ですが、エネルギー的にかなり重い職場であるのは確かです。

だから日々のエネルギーデトックスワークは欠かせないのです)

↑こじつけじゃないよー(笑)

 

 

www.harmonize.name

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村