Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

◆数秘術◆当たるとか当たらないとか思う理由

2019.3.16.追記あり

 

contents - Harmonize

◆数秘術◆「強い人」シリーズ◆ - Harmonize

 

 

「〇〇の人は、こんな性格」

というものが結構ネットで見つかります。

数秘術でも「数秘◯の性格はこれ」というのは結構見ます。私もかつては、そういうのを見るのが好きでした。(今でも好きかも)

 

これって、当たるとも言えるし、当たらないとも言えるんですね。

(当たるとか当たらないとかいう言い方は好きじゃないんですが)

 

最たるものが星占い(12星座の)。

あれって、当たってるわーという人もいるかもしれないけど全然違う! という人も結構いますよね。

 

あれは太陽星座を基にしているので、その太陽星座になんらかの制限がかかっていたりすれば、太陽星座の性格が素直に出ないですから、当然「私は当たってない」となります。

反面、太陽星座をパワーアップさせるようなものがあったりすれば、「当たってる!」と感じるわけです。

 

f:id:harmonize:20190316213005j:image

 

 

数秘術で言えば、それぞれの数にはその数特有の性質があります。

 

例えば1は、この形がいかにも特徴的ですが、「矢」とか、「矢印」みたいな形をしていますよね。解き放たれた矢のような勢いを持っています。

あるいは、「始まり」の「点」という捉え方もできます。また、1は、数の中で1番はじめの数ですね。

 

そういったところから、どんどんイメージを膨らませていきます。

(それだけじゃなくてまだ他にも捉え方があるのですが)

 

例えば、ライフパス数が1といっても、過去数や未来数(課題数)、生年月日、ゲマトリア(文字を数字に変換して読む)、気質の読み方などなど…によって変わってくるんですよね。

 

また、「その人の数字」はどんな状態なのか、によっては、ポジティブに働いていたりネガティブに働いていたりという違いが当然出てきます。その他にも違いが出るところがありますが、それは一般に当てはめられるような大雑把な書き方は出来ません。

 

なので、数秘術においても、一般的な大雑把なところを書いている「数秘◯はこんな性格」は、ピンとこなくても不思議ではないのですね。

 

ただ、ライフパス数よりも過去数で見た方がピンとくるかなとは思います。

ライフパス数は、「目標としている数」なので、出来ていない時も割とありますから。

 

なのでこちらHarmonizeでは、「数秘◯の人はこんな性格」ではなく、あくまでも「その性質が強い人」という位置付けになっています。

 

 

 


お問い合わせ