Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

当たるとか当たらないとか思う理由

 

〇〇の人は、こんな性格。

 

というものが結構ネットで見つかります。

私もかつては、そういうのを見るのが好きでした。

(今でも好きかも)

 

これって、当たるとも言えるし、当たらないとも言えるんですね。

(当たるとか当たらないとかいう言い方は好きじゃないんですが)

 

最たるものが星占い(12星座の)。

あれって、当たってるわーという人もいるかもしれないけど

全然違う! 

という人も結構いますよね。

 

あれは太陽星座を基にしているので、

その太陽星座になんらかの制限がかかっていたりすれば、太陽星座の性格が素直に出ないですから、

当然「私は当たってない」となります。

反面、太陽星座をパワーアップさせるようなものがあったりすれば、

「当たってる!」

と感じるわけです。

 

 

数秘術で言えば、それぞれの数にはその数特有の性質があります。

 

例えば1は、この形がいかにも特徴的ですが、「矢」とか、「矢印」みたいな形をしていますよね。

解き放たれた矢のような勢いを持っています。

あるいは、「始まり」の「点」という捉え方もできます。

また、1は、数の中で1番はじめの数ですね。

 

そういったところから、どんどんイメージを膨らませていきます。

(それだけじゃなくてまだ他にも捉え方があるのですが)

 

例えば、ライフパスが1といっても、

過去数や未来数(課題数)、生年月日、ゲマトリア(文字を数字に変換して読む)、気質の読み方などなど…

によって変わってくるんですよね。

 

(ただ、私は日本人の名前を数字に変換するのは 難しい場合もあるなー

と思っているので、確実に使えるケースでないと使いませんが)

 

だから、「この数を◯◯に持つ人はいこんな性質」という風には多分ブログには書かないと思います。

 

「数字そのものの性質」

ということは書く機会があるかも知れませんが。

ていうか、既に何度も書いてました(笑)

 

数字の性質にも、裏と表がありますけどね。

 

 

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村