Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

「ダメだ」じゃなく、「どうやれば出来るか」で先が変わる

 

もくじはこちら

 

 

このところずっと、自分の予想の上をいく事ばかりが起きていて、その速さについて行くのに精一杯のところがあります。

 

特にこの半年くらいかな、いや、今年に入った辺りからかな、本当に予想の範囲外の事が当たり前のように起きてくる。

(その一方では修正力も半端ないですよ)

 

自分としては一応「このくらいかな」という計画で動いているんですが、それを思いっきり上回るのです。

その上回りかたが半端ない事が多々あるので、

目が点になる事もあります。

 

それで、そんな中には当然、

「先渡し的なもの」

もあるのですよ。

 

「この先同じ機会があるかどうかわからない」

「いや、多分無いな」

的な。

でも感覚が「ここは行っとけ」と言っているのがわかる。

だけど現実的な事が追いつかないのです。

 

ここが毎度毎度絶妙なところで、

全く力量が及ばない事だったら迷う事もなく「無し!」

と即断するんですが、不思議と「なんとかなるんじゃないか」というラインなんですね。

だからそれに向けて努力する事になる。

多分次は無い(すっかり準備万端になってからではもう通り過ぎている)と感覚でわかるだけにね。

頑張るんですよ。

 

あー、なんかまた今回もぼかした書き方しかできなくて申し訳ないですね。

(チャネリング 的なことを書くのがNGなので)

 

 

f:id:harmonize:20181023221409j:image

 

 

外側の動きが速すぎて現実的な事が追いつかないとき、どうするか。

「いや、無理です」

と決めてしまうとその通り無理になるのは明白です。

でもそれは自分の設定した未来には必要な事だとする。

 

そういう時は、

とりあえずその道の1番簡単なこと、やれる事から動くのです。

 

設定した未来が100メートル先だとしたら、

1ミリからでも動くことを続けるんです。

 

 

「無理」

と決めて動きを止めてしまうのも勿論選択肢の1つではありまして、それは個人に与えられた自由です。

それもアリです。

いいも悪いもありません。

 

でもそれが自分には必要な事であったら、

小さくても動きを止めない事が大事だと思います。

 

そうするうちに、現実的な事が追いついてくるんですよ。(経験上)

 

私事ですが、今回も向こうから来た事がありました。

それは、自分が設定した未来には必要な事。

ただ、現実的にはまだ先だとのんびり構えていたし、今はまだ厳しいなーとも思っていたのです。

それが突如目の前に来た、みたいな。

「ええええ今か!」

みたいな。

 

心はムンクの叫びみたいになりながら、

無理なく出来る小さなことでも、とりあえずは動きを止めない事にしました。

 

そしたら、ちゃんと現実の方が整ってきたのですよ。

 

勿論、調整の鬼みたいなガイドにオーダーもしていましたけどね。多分動きを止めなかった事が1番の勝因かなと思うのです。

いくら優秀なガイド陣がいても、オーダーしても、動いていなかったら整わなかっただろうなと思います。

 

ダメと決めたらその通りダメになる。

だけど、どうやったら出来るかなと思い、動いていると、出来るように整って行くんだなと実感します。

その時期が速いのかゆっくりなのかはその時点ではわかりませんが。

(実現化には時期というものがあると思うので)

 

とにかくいろんな事が速いなというのは、つくづく思います。

 

速い時だからこそ、不要なエネルギーはエネルギーデトックスワークで抜いて行きましょー!

日本橋駅&茅場町駅近くで10月26日です。

最後に宣伝で締めさせていただきました(笑)

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村