Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

◆数秘術◆自らの葛藤と戦う、優しい人◆7の(強い)人たち◆

もくじはこちら

 

「◯の(強い)人」シリーズ、今日は「7の(強い)人たち」です。

 

 

物事をさらっと流さずに

なぜ?

どうして?

と考え、うわべではなく、人や物事の本質を見極める目を持つ人たち。

その分自分に対しても厳しい目を向けがちな、不器用さのある、心優しい人。

 

 

f:id:harmonize:20181012063841p:image

 

前にも7さんのことを書いた事がありましたので、よろしければこちらもどうぞ。

 

www.harmonize.blue

 

 

 

7の人たちは、とても情に厚い人たち。

感情や心を大事にし、器も大きく、懐も深いです。

 

自分が自分が、と自分を押し出していくよりも、まずは「相手にとってどうかな?」と考えることのできる人たちです。

(ライフパスだと、それが出来る人になるように生まれてきている)

 

例えば9が強い人たちのように徹底している、というほどではないのですが、それでも他者を思いやる心に溢れています。

ただ、ぱっと見そうは見えない人が多いのですね。むしろクールに見られる事の方が多いかも知れません。

 

というのはおそらく、物事を客観的に「引き」な目=俯瞰的に見ようとする性質だからかなと思います。

本質を見ようという無意識レベルでの欲求があるので、どうしても

「まずは疑いの目で見る」

「自分で確かめてから決断や評価を下す」

となるのです。

 

そこには「主観」が入らず(主観は自分のその時の状態により変わりうるものですから、7が求めるものからは遠くなる)、絶対的な真実に基づく決断や評価になります。

7は真理とか真実の数でもあるんですよね。

真理を探す数なんです。

 

客観性や真実を大事にするので、感覚でモノを言う、人の話を聞いて安心する、というスタイルではないのです。

 

とは言っても、人付き合いを円滑にするために、

「ああ、そうなんですね」という事はあるでしょうが、「誰々が言ってるから信じてしまう」ということは、まずないのではないでしょうかね。

 

肩書きに左右されたり外見で人を見たり、という事も、7さん達には縁遠い事ではないかと思います。

肩書きでなく「人」として人を見ますから、「あ、この人はこの程度だな」と判断したら、いくら権威があったり肩書きがある人に対しても、それなりの対応をしてしまうところがあります。

 

ですから、肩書きや権威や外見を他人からチヤホヤされたいタイプの人からは、あまり好かれないかも。

 

一皮剥けば人間皆同じ、大事なのは外見じゃなくて中身でしょ、みたいなところがあるので、着るものにこだわらなかったりもします。

逆に言うと、見かけがどうであっても能力や中身は凄い人だ、と判断したら、やはり相応に接します。

 

ですから、私個人的には、組織の上層部に7の人がいると能力をちゃんと評価してもらえるだろうし、見抜いてももらえるから、下の人間にとってはいいのになぁと思います。

(おべっかやイエスマンでは通じないでしょうけどね)

 

なので、当然「長いものには巻かれておけ」的なところでは、7さんは浮いてしまう事もあります。

 

 

それと、以前も書きましたが、「7は1人が好きなんだから1人で置いとけばいい」的なものを時々見ますが、それは違うと思っています。

 

確かに7には1人でいる時間が必要。物事や自分の掘り下げや考え事、内省には1人の時間が必要ですからね。

でも、だからと言っても1人が好きとか1人で平気というわけでは決して無いのです。

 

 

7の人たちは情に厚く優しい人たちなんです。

 

 

 

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村