Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

◆数秘術◆キーワードは「愛」「美」6の(強い)人たち◆

 

もくじはこちら

 

 

今日は6の(強い)人達についてです。

 

精神や人格を高める事を求める人達。

なので、「人の役に立つ事」や「人のお世話」を、「やりたがる」(自覚ある無しに関わらず)傾向が強いです。

なので、人と交わろうとします。

「人の喜ぶ事をする」「人を助ける」というのが自分の魂の成長に繋がると、本能的にわかっているのかも知れませんね。

 

 

 

f:id:harmonize:20181007054057p:image

 

 

 

実は、「日本」は、ゲマトリアで「6」の国なんですよ。

日本ってどんな国?

と考えると、何となくイメージが湧きませんか?

最近はそうでもない事も多くなりましたが、少し前の日本というイメージで。

 

所作の美しさ。慎み。

武士道の潔さ。

島国であるが故に、よそ者を排除しようとする。これは自分の身を守るため、集団の平和を守るため。

争いが嫌い。自分が争う事も争いを見る事も嫌い。だから事をあら立てずに穏便に収めようとする。

なので、仲介役が得意。

そして自己主張をする方ではなく、一歩引いてしまうので悪くするとないがしろにされたり、利用される事も。

誰にとっても一番いい方法を見つけようとするので、白黒思考の人からは「八方美人」とみられる事も。

このあたり、日本のイメージではないですか?

 

6の人が何故そういう行動や思考をするのかというと、「愛」からなんです。

6の愛は、特に「家族、隣人、友人」といった、自分が関わる世界にいる人々、自分の周りの人々が対象になります。

 

6の象徴の形は六芒星。

全て60度にきちんと整った美しさがそこにはあります。1度の狂いもない形。なので、6の人はバランスとか完璧主義のキーワードもあるのです。

 

そして、愛と共に6のキーワードには「美」というのもあります。

ただし6の「美」というのは、容姿(形)の美しさとは違って、行為の美。

茶道の所作の美しさや武士道の美しさ、わびさびの美しさと言った、日本的な美しさが一番しっくり来るように思います。

 

全体のバランスを見て、変なところがあるとそこを排除したくなる。

出る杭は打たれるということわざがありますが、これはいかにも島国である日本的な考え方だと思います。

和を乱すものを嫌うんですね。

 

所作の美しさからの繋がりで、だらしない人やだらしない状態が嫌いだったり。

自分さえ良ければというのが苦手。

日本的な躾や価値観からくる行為が、世界から喝采を浴びたことが以前ありましたね。

 

そして、全体のバランスを見ることができるので、場の調整が出来る、ということにもなるのです。

 

6の人はバランサー、ムードメーカー。

場を和らげる、仲を取り持つことができる人なのです。

 

 

 

↓カバラ数秘術セッションとエネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ
にほんブログ村