Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

追憶

もくじはこちら

だからエネルギーデトックスワークを受けて欲しい - Harmonize

 

 

あの子は今年いくつになるのだろう。

あの人は今年何歳になるのだろう。

長い仕事人生の中で出会った人々の中には、

そう思う人たちが少なからずいます。

 

 

まだ学生の時に出会ったその子は、今年40歳。

 

当時まだ小学校に入ったばかりだった男の子は、痛い検査に泣きながら耐え、化学療法にも手術にも耐え。

 

私が受け持ったのはそのあとで、落ち着いた状態の時でした。

 

落ち着いていても逃れられない定期的な骨髄からの検査を、泣きながら、それでも動くまいと耐えていた、あの時の声と、私の腕に伝わった緊張、その身体の小ささを今でも思い出します。

 

たった7歳の子が、大人を気遣う素振りすらありました。

辛いはずなのに、入院生活は寂しかっただろうに、家に居たかっただろうに、それでも笑ってくれていたあの子の顔を思い出します。

「ふふっ」っていう笑い声も。あの笑顔も。

 

 

そう、今年は40歳でした。

もし、あの子が生きていたなら。

 

 

ある40代の男性がいました。

悪性の病気である診断がつき、それも楽観できないものである事がはっきりとしたさなかのこと。

 

まだ学生、しかも初めて受け持った方でした。

看護の「か」も満足に出来なかった私にいろいろな事を話してくれ、患者の想いというものを教えてくれたかた。

私の看護師としてのあり方、方向性を示してくれたのは、あのかたであろうと思っています。

そのかたは、実習の終わるお別れの挨拶をした私に

「この先、いつかベテランになっても今の気持ちを忘れないで。いつまでもそのままでいてください。

立派にならなくてもいい、人の痛みのわかる看護婦(当時は看護師でなく、看護婦でした)さんになって下さい」

と、強く強く私の手を握ってくれました。

 

 

 

f:id:harmonize:20181126132504j:image

 

 

不思議ですね。

あれからもう随分と年月が経つというのに、

あの手の力も声も、鮮やかに思い出せるのです。

いつのまにか、私はその方の歳を追い越していました。

 

 

他にも沢山の方の人生に関わり続け、生き様と死に様を見せて頂きながら生きてきました。

 

 

何故このような事を書くのかというと。

 

私は今、あの子たちの、あの人たちの、のぞみであった、夢であったであろう時間を生きているんだと思うのです。

あの人たちが生きる事ができなかった時間、年齢を、私は今生きている。

 

息を吸い、言葉を話し、景色や愛しい人々の顔を見、愛しい人々の声を聞き、ものを食べ。

この当たり前の事を、どれだけあの人たちは叶えたかっただろうと。

 

だから立派に生きようなんていうことではありません。

ただ、何でもない事がすでに幸せな事なんだと。

幸せって、やって来るものではなく、掴みに行くものでもなく、ここに既にあるものなんだと。

 

 

ふと、先に書いた男の子の事を思い出したのがきっかけで、色々な事を思い出しました。

 

あの子やあの人が生きた証が、こんなに年月が経ってもなお、私の中にあるのです。

 

私はどうだろう?

私が去った後、誰かの中に、私が生きた証を残せるのだろうか?

 

そんな事を思います。

 

 

 

 

◆セッションのご案内◆ - Harmonize

 

↓エネルギーデトックスワークセッションを提供しております。

www.harmonize.name

 

お問い合わせ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村