Harmonize

あなたはいつまで、ストレスの種を育て続けますか? 占術とエネルギーデトックスワークで、より生きやすく

アベンジャーズ / エンドゲーム

お題「最近見た映画」

 

やっと、自分には関係なかった超大型連休も終わりました!!

今日は休みなので、前から観たかったこれを観てきましたよーー!

 

◆ネタバレあり◆

 

 

 

「アベンジャーズ / エンドゲーム」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:harmonize:20190507135004j:image

 

全て観ているわけでは無かったけど

 

このシリーズ。

全部観ているわけじゃないのですが、流れはわかっていたので、問題なかろうと思いましてね!

『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』で人類の半分がサノスの指パッチンで消されてしまって、アベンジャーズも壊滅してしまった、そのあとの話。

 

最後まで残った違和感

 

まずは、ソーが、宇宙の半分を消失させた後に農業してるサノス(本作、序盤で登場のサノス。この後、過去のサノスも出てくるので、未来サノスとします)を殺すシーンは、なんだか、「…あれ?」みたいな激しい違和感がありまして。

自分の中で何がしっくりこないのかなと考えてみました。

 

未来サノスの信念と芯

サノスの「このままでは宇宙がもたない、だから生命体を半分消さなければいけない」という信念(それが正しいのかどうかは置いといて)と、未来サノスの「死にかけながらも自ら石を壊す」という彼の行動には一貫した芯と、彼なりの責任の取り方と哲学のようなものが感じられて…そうか、だから、ソーが殆どキレた状態で未来サノスを殺すあのシーンには凄い違和感を覚えたんですね。

 

過去と未来でのサノスの隔たり

そして、過去のサノスと「ソーに殺された序盤の未来サノス」との間にわたし的にはすごい隔たりがあって、(もはや別人)それも作中で描かれないうちに、あれよあれよという間に戦闘状態に入っていってしまうので、結果的に「あの未来サノスは一体何だったの」という違和感が残りました。

 

それと、消滅されられた人々を元に戻して、めでたしめでたし、勿論それは喜ばしいことなんですが、それのみでいいのかな、という感じ。

 

ただのイカれたオッサン…

あれでめでたしめでたしで終わるのなら、結果的にサノスはただのイカれたオッサンでしかなくて、どこか「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の、ズォーダー大帝に通じるものがあるんだよなぁ。

つまり、ズォーダーもあれだけの経験をし、強い信念を持って(方向性はともかく)動いていたのが、番組が終わってみたら単に「何のことはない、イカれたオッサン扱いでしか無かった」とわかってひどくがっかりして脱力したいう、あれと通じる感じ。

 

 

個人的にはサノスが気になる

 

個人的には、過去サノス(若い頃のサノスで、後半大挙して地球を破壊しに来たサノス))がなぜ未来サノス(序盤のサノス)になったのかを知りたいなと思います。

宇宙の半分を滅ぼした後で、何があって、何を考え、後悔して、あの賢者的未来サノスになったのかなと。

だってあまりにも未来サノスと過去のサノスとギャップが大きすぎるから。

余程のことがないと、あれほど変わることはないでしょ。

 

消化不良な面もありましたが。

そうなの、作品はとても楽しめたのに、消化不良なところもあったんですよね。で、そこが結構気になってしまったという。

ほんとはもっと本質的に突っ込むところがあると思うのに、「あれー、そこには触れないのか…」みたいな。

でも、これは個人の感じ方ですからね。

 

あーー、それから、ソーが最後まで太ったままだったのが!!!残念でならんの!!!

あの肉体美を返してって感じですのよ!!

あと東京の真田広之のシーンも、日本刀って…あんな台詞って…。と、心で叫んだよ。

 

 

まだ他にもありますが。

消化不良の記述はここまで〜。

 

 

それでも、充分に楽しめました

本当に楽しめた。3時間というあいだ、私は全然退屈しませんでしたからね!

展開が早くて本当に飽きさせない。

シリーズをもっと観ていたらもっと楽しめただろうなと思います。

 

キャプテンアメリカ

ラスト、年老いた姿で帰ってきたキャプテンアメリカが

「石を元のところに返した後、『キャプテンアメリカ』としてではなく、自分として生きたいと思って、生きてみた」

と言っていたのがものすごく印象的でした。

「こうあるべき」で生きるのではなく、「あるがまま」(あるがままは、ワガママとは違う)で生きるという選択をしたという。

別の時間軸が出来てしまったでしょうが、これはこれでとても良かったなあと。

 

アイアンマン

 

自ら選択するという面では、アイアンマンもそうでしたね。

『俺はアイアンマンだ!』

と叫んで指パッチンする、あのシーン。

…良かったなあ。

もうアイアンマンが見れないのかと思うととても残念。もっと見たかったですね。

 

 

待ってましたの場面

 

そして最後の戦闘シーンでの、絶体絶命下での仲間たち&ヒーロー勢揃いは圧巻だった!あの迫力はすごかったです。

待ってました!!!という感じで、鳥肌ものでした。私は、実はあそこが一番感動的だった。

 

ソーの雷のシーンも良かったし(←ソーが好きw)

キャプテンマーベルは安定の強さだったし

スパイダーマンも可愛かったし

他にも書ききれないところが沢山。

 

 

観に行って良かったです。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村