Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

自分を初めて愛しいと思った

美彩 女性のための若返り整体サロン

で、けい子さんよりリワインドセラピーを受けてきました。

けい子さんは、

エネルギーデトックスワーク協会

認定セラピストでもあります。

 

 

その2。

こちらでは気づきのことを。

 

 

実は私、エステとかを受けた事は一度もありません。

リワインドセラピー はエステとは違うのですが

「自分のため」にお金を出して、

自分の身体をいたわる施術を、

まとまった時間受ける、というのは初めてです。

(マイコさんからエネルギーデトックスワークのセッションを受けていますが、私としては少し意味合いが違うのです…

それでもやはりそちらもまだ最近のことですね)

 

 

ここでとても不思議なシンクロがありまして。

 

 

前記事に

harmonize.hatenablog.com

 

 

「私は他人軸で生きていた」

という事を書いていますが、これは予約投稿で、

投稿時間はセラピーを受けている時間でした。

実はその記事、セラピーに向かう電車の中で何かに急かされるように書いたものです。

 

施術中、話の流れの中で、セラピストのけいこさんの口から、

まさにそれと同じ言葉が出たのです。

「他人軸で生きてきたんだね…」

これには本当にびっくりしました。

 

 

 

多分私以外に必要な人がいるのかな。

だから書きますね。

 

 

他人軸で生きるというのは自分を大事にしない事に等しいんですよね。

あ、私も本当にこれが出来ていないので偉そうな事は言えないんですよ。全然。

 

 

でもねー、今日リワインドセラピー を受けていて、

自分を愛しまなかった私でも、

私の体は私のために生きてきてくれていたんだなと思ったんです。

 

人に対して感謝はしても、

自分に対して感謝したり、

自分を愛していると思った事も言った事もなかった。

(ただの一度も)

 

でも体(全ての細胞)は私を生かしてくれてきたんです。

というか、私という個体を生かすためだけに

生まれた時からずっと休みなく働き続けてくれていたのです。

 

 

それに気がついたら、もう自分の体が健気で。

あまりにいじらしくて泣きそうになりました。

 

いつだって自分は後回しで、

自分を嫌って、ずっと自分の心身に鞭打つ事ばかりしてきたのに。

( ↑この傾向は若いときが特にひどかったです。

今はかつてほどひどくは無いけどその片鱗を残している)

(きっと高次が必要と思って、

F1144・魔法使い養成学校

に縁をつないでくれたのだと思う。

つながる前には

それまでの人生で最もつらい時代になった数年間がありました。

それをどうにか抜けた後に縁が繋がったのです)

 

 

多分こういう気付きも、色んな事情があって、

最適な時と関わる人とを選んでやってくるのかも知れないですね。

 

私には今のこの状態

(ある程度不要なエネルギーやブロックが外れている←まだまだなんだけど)

にまでなっていることが必要で

きっかけをくれる人として、

けいこさんが必要だったのでしょうね。 

 

そのために今日のセラピーの場が用意されたのかなと。

 何事にも偶然はないですから。

 

 

(でもやっぱり、受けたいと思ってから受けるまでが2年って時間かけすぎだよなぁ…

 生きていたから良かったものの)

 

 

そして、今日から私は、自分の体にありがとうを言うよ。

愛していると伝えるよ。

 

 

 

そしてそして。

不要なもの、早く抜いとこうね!

↓抜くよー。

www.harmonize.name

 

 

お問い合わせ