Harmonize

エネルギーデトックスワークとカバラ数秘術を使って、より生きやすい人へ

何事も、「人対人」

 

私はある専門職にあるけれど、

こういう仕事をしている人は、

世間から「優しい人」とか「犠牲的精神のある人」とか見られることが多い。

 

昔は確かに、そうだったのかもしれない。

 

でも今はそうでもないと思うことが増えてきた。

 

「◯◯になりたい」

ではなく、

「◯◯にでもなろうか」

という理由で選ぶ人が増えたのだなあと思う。

もちろん、スタートはそれでもいいと思う。

実務についてから特に人対人で色々な事を学んでいくことになるのは、皆一緒だから。

 

ただ、ほんの一部(と信じたい)、

なぜ?

と思う人がいるのも事実。

(どんな職業であってもそういう人がいるのは

同様だろうけど)

 

 

この仕事をやるからには、やっぱりある一線は確実にあると思う。

どんな仕事でも人対人になる。

それが特にこの仕事では、より深く要求される。

「頭」だけが育っていれば良いというものじゃない。

 

自分の言動が

相手を絶望させる事も、

生きる気力を与える事も、

できてしまうのだというという自覚が足りない。

そう思う人に出会う確率が、増えてきたように思う。

 

↓カラダの中のいらないものを抜きたい人、来てね! 

www.harmonize.name

 

 

↓お気軽にどうぞ

お問い合わせ