Harmonize

エネルギーデトックスワーク協会認定上級セラピストのブログです。不調の原因は、体に溜まり続けた不要なエネルギーから来ているとしたら? 不要なエネルギーは、抜くことができます。エネルギーデトックスワークは、それができる『技術』です。

エネルギーデトックスワークをし始めの頃

 

 

まだ協会もなくてブレスも無かった頃の話です。

 

養成学校

のブロック解除ワークテキストの中で

エネルギーデトックスワークについても紹介されているのでやってみたのですが、はじめは「エネルギーの知覚」そのものが無かった(無いと思っていた)ので、正直ピンと来ませんでした。

 

 

糸を入れるといってもどんな風に?

とか、浄化といってもどうやって?

それ以前に浄化できているのか?

といった事が分からなかったのです。

やっているところを見たこともなかったから、具体的なイメージも湧かなくて。

 

しばらく経ってからマイコさん

が「毎日やると良い」という事をブログで書いていたので

「そうか、毎日やると良いのか」

と単純に思って、わからないなりにやり始めました。

お風呂でやると決めれば忘れないだろうと思って、お風呂での日課にしました。

 

病気のせいで目に結構な後遺症があるので、目からばっかり。

今みたいに全身にエネルギーの糸を巡らせるのではなく、「眼球」にだけ、みたいな感じでした。

しかも1回につき一体何分かけていたのか…相当な時間をかけていましたねー。それほど時間をかけていても、今にして思えば、全然抜けていないに等しかったです。

 

浄化もよく分からなかったですが、とりあえず浄化系のガイドがメインガイドなので、彼に「燃やして浄化して」と頼みまして。

(ほんとはやりにくかったろうに、よくやってくれたなあと思います)

 

 

f:id:harmonize:20200528153943j:image

 

「ちゃんと出来る人から受けるとこんなに凄いのか!」

と思ったのは、やはりマイコさんから施術してもらった時。

イベントの時、ほんの10分くらいだったのですが、それでも

 

 

「ええええ  なんだこれーーー!!」

 

 

となりました。

 

 

とにかく体感が凄かった。

コレがホンモノというやつか!

じゃあ自分がやっていたのは一体何だったのかと。

 

 

◆注◆体感とエネルギーデトックスワークの効果には関係性はありません

 

 

「すごく出来る人」

からやってもらうとこんなに違うのか…

というのが正直な感想。

(マイコさんですからねー。そりゃ違います)

 

 

その日から早速、その時のマイコさんのやり方を参考にして自分でもやり出しました。

でもやっぱり、ずっと体感は無かったですねー。

(低級霊がそばにいるときのザワザワには昔から敏感なのに、肝心なことには超ニブイ)

 

糸を行き渡らせるのは初めから妙にすんなりできたのですが、今度は「しみこむ」がよくわからない。

仕方ないので、取り敢えず、一生懸命イメージしました。

初めに使ってたのは「紙おむつのポリマーに水分が吸い取られる」イメージ。

次はリトマス試験紙みたいに「染み込むと糸が赤く染まる」みたいなの。

 

結構コンプレックスだったのが

「とにかく体感がなさ過ぎて弱い」ということ。

出来てるかどうかを自分の感覚で確認できないというのが困りました。

ワンデーに出ても

「自分が一番劣ってるよね…」と自信がなく。

(↑もーーーほんとにこの「私はダメ」というのはしぶとい。結構外してきたんだけどな)

 

でもそんな中、「ちゃんと入ってます」とか「安心してお任せできます」とか言っていただけたことが、本当に力になりました。

(初めて認定を取った時のみなさん、その節は本当にありがとうございました)

 

体感で色々何とかわかるようになってきたのは

ほんとにまだ、つい最近のことです。

これがまた、どんな感じかというととても説明できないのですが。

 

こうして書いてみると、(とりあえず)いろいろやってたんだなー。

 

今年が終わるころには、「ちょっと、すごい進歩したじゃん!!」

というくらいになっていたいなー。

 

 

 ◆エネルギーデトックスワークセッションはこちら

◆エネルギーデトックスワーク協会

 

↓フリーメールとハンドルネームで大丈夫です

お問い合わせ

 

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村